これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

見通しの悪い交差点での事故に、より高い注意義務を。

みおでご相談後の取得金額

相談前 377
相談後 1,421

事例の概要

被害者様:Aさん(20代)会社員

この事案の事故は、見通しの悪い交差点で発生していました。見通しが非常に悪い交差点では、十分な注意が必要です。そこで当事務所では、十分な注意を怠った加害者の過失を指摘し、通例より加害者に高い過失割合の適用が認められました。

事故はこうして起こった

平成15年の某月、原動機付自転車を運転中のAさん(20代・会社員)が、

見通しの悪い交差点に差し掛かったところ、

反対方向から交差点に進入してきた自動車と、

出会い頭衝突してしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故によってAさんは、

大腿骨骨折するなどの重傷を負ってしまいました。

 

怪我による影響で、左股関節が自由に動かせなくなるという後遺症が残り、

左股関節の機能障害として後遺障害等級12級の認定を受けました。
相手方が当初提示してきた損害賠償金(自賠責保険金を含む)は、

3,777,978円でした。

 

その結果を受けて当事務所が受任し、

訴訟を提起。裁判を行った結果、

一審判決によって14,213,500円(上昇率376.22%)の損害賠償金を取得することができました。

 

なお、この事件が解決したのは、平成19年です。

当事務所が関わった結果

裁判所の和解案では、
過失割合はAさん20:加害者80の認定を得ました。

また、相手方は、Aさんの左股関節の可動域制限について、
「大腿骨の骨折が原因ではない」と主張しましたが、
当事務所は医師による意見書を提出。

相手方の主張は退けられました。

最終的に、労働能力喪失率は10%、
労働能力喪失期間は67歳までの認定を得ました。

基礎収入については、全年齢の平均賃金が採用されました。

 解決のポイント

道路状況に応じた過失割合を主張

この事案では、加害者に一時停止規制があったため、

加害者は一時停止をして交差点に進入しました。

 

加害者は一旦停止の後に発進しているため、

通常であれば、被害者40:加害者60という過失割合となります。

 

しかしながら、この事故が起きた交差点は、

一時停止ラインで一時停止するだけでは、

交差点の状況を把握するのが容易ではないほど、

見通しの悪い交差点でした。

 

当事務所では、道路状況に応じた過失割合を主張し、

Aさん20:加害者80の過失割合の認定を得ました。

医師との面談の成果

Aさんはこの事故によって、大腿骨骨折

 

その影響により、左股関節の可動域制限が生じてしまいました。

 

しかしながら、相手方は「大腿骨の骨折により、

股関節の可動域が制限されるのはおかしい」と主張してきました。

 

そこで当事務所では、医師と面談を行い、

「大腿骨の骨折と股関節の可動域制限には、

関連性が認められる」との見解を得ました。

 

それにより、後遺障害12級認定を得るに至りました。

 

しかしながら、労働能力喪失率については、12級の14%ではなく、

10%という認定となりました。

 

その一方で、労働能力喪失期間は67歳までの認定を得ることができました。

前勤務先の協力を得る

この事案では、基礎収入に関しても争点となりました。

 

Aさんは事故後、事故当時に勤めていた会社退職されていました。

 

基礎収入の基準については、事故前年収となるところでしたが、

Aさんは年齢別平均賃金以上の収入を得ていましたので、

当時の勤務先から給与に関する資料等を提供いただき、資料として提出。

 

さらに、Aさんが20代であったことなどから、

全年齢の平均賃金の採用を主張。

 

最終的に当事務所の主張が認められました。

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:吉山 晋市 担当弁護士:吉山 晋市

加害者道路状況への配慮不足を指摘し、

通常このような事故で加害者に適応される

過失割合の60%ではなく80%を要求し、認定されました。

 

さらに、加害者側から、

事故の怪我と後遺障害の因果関係を否定する意見が出されましたが、

医師の見解を得て反論し、適正な後遺障害等級の認定を得ました。

 

過失割合に関して、

「民事訴訟における過失相殺率の認定基準(東京地裁民事交通訴訟研究会)」

などがありますが、これらの基準を参考にするだけではなく、

依頼者の方が被害に遭われた際の個別的な事情をしっかりとお伺いするようにしています。

 

事案によっては、弁護士が現場を検証することもあります。

 

こうした地道な活動もまた、交通事故に取り組んできた事務所だからこそ、

その大切さを理解しているものと考えています。

 

まずは当事務所へ、お気軽にご相談にお越しにください。

 この記事を見た後にみている記事は?

高齢女性の死亡事案。慰謝料を増額して早期解決詳しく見る

醜状障害に神経症状を併合することで逸失利益を獲得詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約