これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

「ADR(紛争処理センター)」での解決実績

示談交渉が思うように進展しない場合、時間と費用のかかる裁判を提起する前に、交通事故問題の和解あっせんを手掛ける(財)交通事故紛争処理センターを利用するという手段もあります。対応は弁護士に委任でき、「みお」も、粉セン利用での解決事例は多数あります。

自営の基礎収入と過失割合が争点となり、フルサポートして解決。詳しく見る

頸椎圧迫骨折を保険会社が否認。弁護士が反論して増額へ。詳しく見る

過失割合等、被害者側の主張を丹念に立証して増額に。詳しく見る

家族経営の事業に従事する被害者の休業損害等を認定。詳しく見る

自転車で走行中の事故。後遺障害非該当とされたが示談解決。詳しく見る

裁判で争うよりも有利と紛争処理センターへの申立を選択。詳しく見る

前回事故後遺症で労働能力喪失0を主張する保険会社に対応。詳しく見る

被害者が若いため、平均賃金を基礎収入として約5倍の賠償金額に。詳しく見る

 解決方法別の事故解決実績を見る

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約

アディーレ法律事務所の業務停止処分で、お困りの方へ 東京弁護士会は10月11日、広告を巡る景品表示法違反で消費者庁から措置命令を受けた、弁護士法人・アディーレ法律事務所を、業務停止2か月の懲戒処分にしました。

アディーレ法律事務所の業務停止処分で、お困りの方へ 東京弁護士会は10月11日、広告を巡る景品表示法違反で消費者庁から措置命令を受けた、弁護士法人・アディーレ法律事務所を、業務停止2か月の懲戒処分にしました。