これまでの交通事故ご相談取り扱い実績5,000件以上(~2019年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

更新日:2016年1月27日

頸椎圧迫骨折を保険会社が否認。弁護士が反論して増額へ。

みおでご相談後の取得金額

相談前 366
相談後 768

事例の概要

被害者様:Nさん / 51歳 会社員

「脊柱変形」の後遺障害が残られたケースです。脊柱変形は、裁判において「労働能力喪失率・喪失期間」が低く認定される傾向があります。当事例では、当初提示の賠償額より2.1倍に増額できた、当事務所に依頼いただくことのメリットを感じていただける解決事例になります。

事故はこうして起こった

Nさんは、自動車を運転して赤信号待ちをしている際に、

後方からトラックに追突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故により、

Nさんは頚椎圧迫骨折頚椎捻挫等の怪我を負いました。

 

当事務所で後遺障害の等級の認定申請を行ったところ、

頚椎圧迫骨折は「脊柱に変形を残すもの」として11級7号

頚部痛は「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号

が認定され、併合10級の後遺障害が認定されました。

 

しかし、相手方保険会社はこれらの認定を不服とし、

特に圧迫骨折についてはそもそも骨折が生じていないとして

全面的に争う姿勢を示しました。

 

そこで、示談交渉での賠償金の増額は見込めないと判断し、

紛争処理センターにおける解決を目指しました。

 

その結果、センターから圧迫骨折の存在を前提とした和解案が提示され、当初保険会社が提示した額の2.1倍もの賠償金を獲得しました。

当事務所が関わった結果

本件では、「頚椎圧迫骨折」の存否が主な争点となり、
それに伴って「労働能力喪失率」・「喪失期間」が争われました。

当事務所では、、
主治医の先生から「医学的な意見」をうかがうため、
Mさんが通院しておられる病院を訪問しました。

また、交渉においては事故状況を指摘し、
頚部への衝撃の強さを訴えることにより、
保険会社側の言い分を排斥させることに成功しました。

 解決のポイント

加害者側保険会社の主張の問題点を捉え、丁寧に反論。

保険会社は、医師が作成した意見書医学書などを引用し、

圧迫骨折は存在しないと主張しました。

 

その主張内容および根拠を精査すると、

意見書を作成した医師は、

椎体の中央がへこんだ圧迫骨折であったにもかかわらず、

前縁と後縁の椎体高のみを測定していたため、

圧迫骨折と判定していなかった、ということが判明しました。

 

そこで、当職も主治医の先生が作成した意見書や医学書を引用し、

椎体の中央がへこんだ場合における椎体骨折は、

前縁と中央の椎体高、または後縁と中央の椎体高をそれぞれ測定して判定すべきと反論しました。

 

その結果、当方の主張が認められ、圧迫骨折の存在を前提とした和解案が提示されました。

「脊柱変形」の事故との因果関係の立証。

脊柱変形は加齢によって生じるケースも多く、

事故との因果関係が争われる場合があります。

 

本件ではトランクが酷く押し潰されている写真によって

頚部への衝撃の強さを訴え、

事故との因果関係を立証することに成功しました。

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:吉山 晋市 担当弁護士:吉山 晋市

脊柱変形障害のケースでは、

「労働能力喪失率」・「喪失期間」について争われることが多々あります。

 

裁判例もそれらを低く認定する傾向がありますので、

保険会社から等級に見合った金額が提示されることはほとんどありません。

 

また、本件のように事故との因果関係が争われることや、

骨折の有無自体について争われることもあり、

そのようなケースでは賠償額がさらに減額されてしまいます。

 

本件では当初提示額の2.1倍もの賠償額を得ることができましたが、

そのためには「解決のポイント」で記載したような緻密な立証活動が必要となります。

 

こうした場合においては、おひとりで示談交渉を行うことは難しく、

弁護士に依頼いただくメリットがあるケースといえます。

どうぞ、お気軽に当事務所の無料相談をご利用ください。

弁護士による慰謝料・賠償金診断サービス

 この記事を見た後にみている記事は?

むち打ち非該当で80万円の賠償金を獲得。詳しく見る

男性の家事労働を賠償額に反映して解決した事例詳しく見る

むち打ちが完治した事案の示談交渉事例詳しく見る

弁護士による交渉で、むち打ち非該当の賠償金が3倍以上に増額。詳しく見る

解決実績検索

「受傷部位」から探す
「後遺障害等級」から探す
「症状・障害」から探す
「保険会社」から探す
「解決方法別」から探す
「担当弁護士」から探す
「加害者の事故車両」から探す

増額しなければ
弁護士費用はいただきません!

  • 初回相談無料
  • 着手金無料
  • 弁護士費用後払い
  • 弁護士費用特約利用可能

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30
タップして電話をかける

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 
※ケータイ電話からも通話無料!

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041