これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

事故により余儀なくされた休業の費目について。

休業損害

休業損害は「基礎収入×休業期間」の算式により計算されます。
それぞれの要素ごとにより必要な証拠も異なってきます。

ア:基礎収入

給与所得者 少なくとも事故前3ヶ月の平均収入を用います。不確定要素が強い職種の場合、さらに長期間の平均収入とします。休業中の賞与の減額や不支給等も含まれます。雇用主に作成してもらった「休業損害証明書」のほか、過去数年分の源泉徴収票や所得証明書(市役所・区役所の税務課発行)が必要証拠となります。
事業所得者 事故直前の申告所得額となります。近親者の労働が含まれている場合には、その寄与分を除いたものとなります。したがって、確定申告書が必要証拠となります。
主婦などの家事労働者 原則として、賃金センサスの学歴計・女子・全年齢平均賃金によります。ただし、家事労働の中身によっては、賃金センサスの学歴計・女子・年齢別平均賃金によります。また、主婦業をしながら、パート労働をしている場合、実収入と賃金センサスのいずれか多いほうを基礎収入とします。したがって、確定申告書、賃金センサス(通常は弁護士が収集)が必要証拠となります。
無職者 原則、休業損害は認められません。

イ:休業期間

実際に休業を要した期間になります。
裁判では、例えば入院中は100%の休業損害、自宅療養中は50%の休業損害と段階的に認定する場合があります。

ご質問カテゴリー

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約