これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

担当弁護士「吉山 晋市」の解決実績

小学生の頃に交通事故で長期入院した経験が、今の被害者への共感につながっていると言う吉山弁護士。相手方との交渉には、せめて経済的な面での将来への不安を軽減してもらいたいとの強い思いで臨み、当初0円の提示額を、約3,800万円にした解決例もあります。

相手方任意保険会社の提案から1.5倍以上の賠償額を示談交渉で獲得し…詳しく見る

相手方任意保険会社の提案から1.8倍以上の賠償額を示談交渉で獲得し…詳しく見る

後遺障害等級非該当ながら当初の提案から2倍以上の賠償額を示談交渉で…詳しく見る

深夜路上での死亡事故について,被害者相続人の代理人として示談交渉を…詳しく見る

頸椎圧迫骨折を保険会社が否認。弁護士が反論して増額へ。詳しく見る

過失割合等、被害者側の主張を丹念に立証して増額に。詳しく見る

解決方法の選択として裁判を選んだことで有利に解決した事例。詳しく見る

労働能力喪失期間と過失割合を争点に、2倍以上の額で示談に。詳しく見る

高速道路で追突され玉突き事故に。就労可能年数の上限で算定。詳しく見る

改正された後遺障害の認定基準によって賠償額を2倍へ。詳しく見る

事故による減収はなくても、損害はあったことを証明。詳しく見る

被害者側の過失6割・損害賠償金ゼロから、約3000万円獲得へ。詳しく見る

 担当弁護士の事故解決実績を見る

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約

アディーレ法律事務所の業務停止処分で、お困りの方へ 東京弁護士会は10月11日、広告を巡る景品表示法違反で消費者庁から措置命令を受けた、弁護士法人・アディーレ法律事務所を、業務停止2か月の懲戒処分にしました。

アディーレ法律事務所の業務停止処分で、お困りの方へ 東京弁護士会は10月11日、広告を巡る景品表示法違反で消費者庁から措置命令を受けた、弁護士法人・アディーレ法律事務所を、業務停止2か月の懲戒処分にしました。