「交通事故解決.com」は交通事故解決に関する様々な情報をご紹介しています

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

解決実績

  1. 保険会社別解決実績一覧
  2. 受傷部位別解決実績一覧
  3. 弁護士別解決実績一覧
  4. 後遺障害等級別解決実績一覧

CASE117

受傷部位 むちうち(頸椎・腰椎) 後遺障害等級 14級
後遺障害内容 腰椎捻挫(むちうち) 担当弁護士 羽賀倫樹

担当弁護士:羽賀 倫樹

担当事例

解決方法 示談交渉
ご相談後の
提示額
360円に増額
事故年: 平成26年 解決年: 平成27年
保険会社: 東京海上日動火災保険株式会社
交通事故により腰椎捻挫による、腰痛・足のしびれが残りました。 後遺障害として認められることが少ない当症状の事例も、適切な資料を用意することで後遺障害の等級認定され、賠償額が増えることがあります。まさに当解決事例は弁護士の見立てにより、賠償額増額の可能性があったため異議申し立てを行い、最終的に後遺障害として認定、賠償額増額につながった解決事例になります。

Nさん / 48歳 会社員

事故はこうして起こった

Nさんは、四輪車を運転して赤信号待ちをしている際に、

後方から四輪車に追突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

Nさんは、この事故で腰椎捻挫となり、腰痛を発症してしまいました。

 

事故後半年ほど治療をしたものの腰の痛みや足のしびれ残るため、

当事務所に後遺障害の申請示談交渉を依頼されました。

 

なお、Nさんの奥様が別の交通事故における示談交渉を当事務所に依頼されていたことから、

Nさんも当事務所に示談交渉の手続きを依頼されました。

 

Nさんからの依頼を受け、当事務所で後遺障害の申請をしたところ、

後遺障害に該当しないとの回答が返ってきました。

 

しかし、Nさんには症状固定時点でも腰の痛みや足のしびれが残っており、

また、新たに取得した診断書等から見て

後遺障害がつく可能性が十分にあると判断できたことから、異議申立を行いました。

 

その結果、腰痛や足のしびれについて14級が認定されました。

 

その後、相手方保険会社と賠償金について示談交渉を行ったところ、

最終的に約360万円を賠償してもらうことで示談が成立しました。

当事務所が関わった結果

Nさんには、腰痛や足のしびれが残っていたにもかかわらず
後遺障害に該当しない と判断されたことが妥当であるかが問題となりました。

この点、痛みやしびれが残っていても
後遺障害に該当しないと判断されることもありますが、
この事例では、画像所見や新たに取得した診断書から見て
後遺障害がつく可能性が十分にあると判断することができました。

そこで、異議申立を行ったところ、
非該当との判断が覆され、14級が認定されました。

解決のポイント腰椎捻挫の後遺障害「非該当」の認定を覆し「14級」の認定

腰椎捻挫で痛みや足にしびれが残っていても、

後遺障害に該当しないと判断されることがあります。

 

このような場合、単に痛みやしびれが残っていることを主張しても

非該当の認定が覆ることはほとんどないと言わざるを得ません。

 

14級が認定されるには、画像所見症状の経過などが問題となりますので、

その点について診断書を取得するなどして補充し異議申立を行ったところ、

14級認定されました。

解決のポイント非該当から14級に変更され、「賠償金」も大幅に増額

仮に、後遺障害が非該当のままであると、

Nさんへの賠償額は、弁護士が交渉しても80万円程度になることが予想されました。

 

しかし、14級が認定されたことで賠償額が大幅に増額になり、

360万円(非該当で予想される賠償額の4.5倍)を獲得することができました。

 

担当弁護士の
まとめ

本件のように、腰椎捻挫後の腰痛や足のしびれがあるにもかかわらず、

後遺障害該当しないと判断されることがよくあるように思われます。

 

このような場合、異議申立をして非該当の判断が覆り、

14級が認定されるかは、どのような資料を用意できるかにかかっています。

 

痛みやしびれがあったとしても

適切な資料を用意できなければ14級が認定されることはありませんが、

適切な資料を用意することができれば

本件のように14級が認定されることがあります。

 

非該当の場合、後遺障害に関する部分が賠償されることはありませんが、

14級が認定されれば後遺障害に関する賠償もなされます。

 

賠償額は後遺障害に関する部分が大部分を占めますので、

非該当となるか14級となるかは、賠償額にも大きな影響を与えます。

 

しかし、どのような場合であれば14級が認定されるかの判断をするのは難しく、

交通事故に精通した弁護士がその判断をする必要性が高いということができます。

 

むち打ちや腰痛で症状固定が近づいた

後遺障害等級が認定されたという方で、

後遺障害の申請方法や後遺障害等級の妥当性が分からないという方は、

みお綜合法律事務所までご連絡いただければと思います。

同じ分類の事例を探す

  • 取得金額768万円【2.09倍】
  • 受傷部位背骨
  • 後遺障害等級10級

頸椎圧迫骨折を保険会社が否認。弁護士が反論して増額へ。

「脊柱変形」の後遺障害が残られたケースです。脊柱変形は、裁判において「労働能力喪失率・喪失期間」が低く認定される傾向があります。当事例では、当初提示の賠償額より2.1倍に増額できた、当事務所に依頼いただくことのメリットを感じていただける解決事例になります。

  • 取得金額250万円【2.06倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

弁護士が代理人となることで保険会社の提示額から約2倍に。

保険会社からの提示額が、弁護士が交渉時に基準とする金額よりも低い場合があります。本事例もこうしたケースに該当し、被害者不利の提案がなされていました。弁護士が交渉を依頼することでのメリットを感じていただける解決事例です。

  • 取得金額535万円
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

飲食店を開業した直後のため、逸失利益が争点に。

交通事故では、被害者において「損害」を立証し賠償を受けることになります。通常、事故に遭う前の収入をもとに基礎収入を計算します。しかし、本ケースでは事故直前に開業したため事故直前の収入を証明する資料に乏しいにも関わらず、被害者に有利な内容で示談が成立した珍しい解決事例です。

  • 取得金額360万円
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

弁護士介入で後遺障害の等級を見直し。示談交渉で解決へ。

交通事故により腰椎捻挫による、腰痛・足のしびれが残りました。 後遺障害として認められることが少ない当症状の事例も、適切な資料を用意することで後遺障害の等級認定され、賠償額が増えることがあります。まさに当解決事例は弁護士の見立てにより、賠償額増額の可能性があったため異議申し立てを行い、最終的に後遺障害として認定、賠償額増額につながった解決事例になります。

  • 取得金額148万円【2.39倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級非該当

家事従事者(主婦)のむちうち(頸椎捻挫)の示談解決事例。

同乗者として同席していた被害者が、赤信号停車中に後部から追突され「むちうち」に。完治したものの、弁護士費用特約の利用により、実質0円で弁護士に示談交渉を依頼、2倍以上に増えた賠償額が手元に入った示談解決の事例。

  • 取得金額85万円【1.3倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級非該当

ケガが完治した案件に対して、弁護士費用特約を利用した事例。

けがが完治した案件について、慰謝料と休業損害を増額。頸椎捻挫(むちうち)に対する保険会社からの提示額が十分でなかったため、自動車保険に付帯の弁護士費用特約を利用して弁護士に依頼。増額(上昇率1.3倍)が認められました。

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!