これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

1~2か月程の治療で、怪我が【完治】した案件の示談による解決事例。

みおでご相談後の取得金額

相談前 10万
相談後 20万

事例の概要

被害者様:Hさん / 58歳 会社員

打撲、捻挫など比較的軽い症状で、治療により完治(後遺障害なし:非該当)されました。弁護士費用特約に加入されていたことから、特約利用により負担0円で、賠償額増額かつ早期に示談解決できた事例。

事故はこうして起こった

Hさんは、自転車を運転して交差点に差し掛かったところ、

非優先道路である左側から飛び出してきた四輪車衝突してしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

Hさんはこの事故で、膝の打撲捻挫等の怪我をされ、

日数にして10日程度、

期間にして1か月~2か月程度通院することで完治されました。

 

治療終了後、保険会社から賠償金の提示がありましたが、

金額が低いのではないかと考えられたHさんは、

当事務所に示談交渉を依頼されました。

 

交渉の結果、当初提示から約2倍の賠償額となり、

示談が成立しました。

当事務所が関わった結果

本件は争点となったのは慰謝料の金額のみでしたが、
交渉により当初提示の約2倍に増額となり示談が成立しました。

 解決のポイント

慰謝料の金額と弁護士費用特約

本件は慰謝料の金額自体大きいとは言い難いものでしたが、

Hさんが弁護士費用特約契約されていたことから、

示談交渉を依頼されました。

 

弁護士に依頼することで慰謝料自体増額になりますし、

弁護士費用がご自身の保険会社から支払われることで、

約20万円の賠償金がそのままHさんの手元に残ることになりました。

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

打撲等で1か月~2か月で通院終了した場合、

本件のように、弁護士が交渉して増額になる金額が10万円程度ということもあります。

 

このような場合、弁護士費用の方が高くなり

依頼するメリットがないことが多いということができますが、

弁護士費用特約があれば

保険会社から弁護士費用が支払われますので、

費用倒れを心配する必要はありません。

 

このように、1か月または2か月程の短い期間で

治療が終了されたという方も、

弁護士費用特約があれば、

賠償金の増額を弁護士に依頼することができますので、

特約の有無についてご確認いただき、

当事務所にご相談いただければと思います。

 この記事を見た後にみている記事は?

醜状障害に神経症状を併合することで逸失利益を獲得詳しく見る

高齢女性の死亡事案。慰謝料を増額して早期解決詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約