これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

足関節可動域制限と手の親指の遊離骨片で11級認定。1754万円で示談。

みおでご相談後の取得金額

相談後 1754万円

事例の概要

被害者様:Tさん /20代 会社員

バイク運転中に交差点で信号無視のトラックにはねられたという事案です。

症状固定直前にご依頼いただき、後遺障害は11級の認定、示談交渉は1754万円で決着しました。

事故はこうして起こった

Tさんは、バイクを運転して青信号で交差点に入ったところ、

赤信号無視で交差点に入ってきたトラックにはねられてしまいました

後遺障害と解決までの道のり

この事故で、Tさんは、

右脛骨腓骨骨折、手の親指骨の骨折の怪我をされました。

1カ月の入院、1年半の通院で治療を続けたものの、

右足関節の可動域が悪くなるとともに痛みが残る状態になってしまいました。

また、手の親指の骨は完全にはくっつかず、遊離骨片の状態になってしまいました。

Tさんは、まだ若く、ご家族から将来のためにも

弁護士に依頼してきっちりとした賠償をしてもらう必要があると言われ、

ご家族と共に事務所に相談に来られました。

Tさんからのご依頼を受けて後遺障害の手続きと示談交渉を行いました。

後遺障害申請の結果、

足関節可動域制限で12級、手の親指骨の遊離骨片で13級、併合11級が認定されました。

示談交渉では、Tさんの将来的な収入をどのように考えるか、

後遺障害の実際の影響などが争点となりました。

最終的に1754万円を賠償してもらうこととなり、示談が成立しました。

 

 

当事務所が関わった結果

後遺障害の手続きと示談交渉の手続きを行いました。

後遺障害申請の場面では、

指の骨の遊離骨片という後遺障害も見逃さないことで、

11級の認定を受けられました。

示談交渉では、特に遊離骨片の労働能力への影響が問題となりましたが、

一定の逸失利益が認められ、総額で1754万円で示談に至りました。


 解決のポイント

後遺障害申請

下肢の可動域制限は交通事故でよく問題となりますが、

手指骨の遊離骨片というのはあまり事案として多くないと思われます。

そのような後遺障害も含めて認定を受けることで後遺障害が12級から11級に繰り上がりました。

それにより、示談金が大幅に上昇しました。

 

示談交渉

Tさんの親指には遊離骨片がある状態でしたが、

それによって痛みが発生したり、何か仕事上の不都合は生じていませんでした。

そのため、交通共済から、足関節の後遺障害は労働能力喪失が認められるが、

骨片については労働能力には影響がないのではないかと主張を受けました。

Tさんが特段の影響を感じていないこともあり、

交通共済の主張に合理性がないとはいえませんでしたが、

手指骨が遊離している状態であり、

今後全く影響がないとは考えられないと主張し、一定の逸失利益が認められました。

 

 

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

交通事故に遭って後遺症が残りそうだという方の多くが悩まれる

後遺障害認定と示談交渉の手続きを行いました。

この2つの手続きは被害者の方がご自身で進めるのは難しいですが、

弁護士に依頼すればスムーズに手続きを進めることができます。

また、ご自身で進めた場合には適正な賠償を得られなくなる可能性も否定できませんが、

弁護士に依頼すれば適正な賠償金を得ることができます。

本件は、弁護士に依頼することで、

適切な後遺障害等級と適切な賠償金を得られた事例と言えると思います。

 

 この記事を見た後にみている記事は?

むち打ちで14級が認定された主婦の方の示談交渉詳しく見る

相手方任意保険会社の提案から1.8倍以上の賠償額を示談交渉で獲得し…詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約