これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

解決実績

  1. 保険会社別解決実績一覧
  2. 受傷部位別解決実績一覧
  3. 弁護士別解決実績一覧
  4. 後遺障害等級別解決実績一覧

CASE25

受傷部位 頭部(脳) 後遺障害等級 2級
後遺障害内容 高次脳機能障害 担当弁護士 吉山晋市

担当弁護士:吉山 晋市

担当事例

解決方法 裁判
ご相談後の
提示額
7,300円に増額
事故年: 平成16年 解決年: 平成22年
保険会社:
「被害者の基礎収入を認めない」「加害者に過失はない」とする保険会社の主張について、労働者の賃金データ、事故当時の刑事記録をもとに反論。裁判上の和解に至りました。

Aさん(40代)家事従事者

事故はこうして起こった

平成16年の某月、家事従事者のAさん(40代・男性)は、信号のある横断歩道を歩行中、横断歩道に進入してきた貨物自動車に衝突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故によってAさんには、高次脳機能障害(後遺障害等級2級)が残りました。保険会社からの示談案の提示がない段階で当事務所が受任し、示談を試みましたが、相手方の主張に納得できず裁判を提起。
過失割合、基礎収入が主な争点となりましたが、最終的にAさん側が納得できる形で和解に至りました。最終的に、73,000,000円の損害賠償金を取得し、平成22年に解決となりました。

当事務所が関わった結果

電気工事士として自営業を営んでいたAさんでしたが、事故当時は母親の介護に従事していたため、収入を証明する客観的証拠がなく、基礎収入について相手方と争いになりました。さらに、事故発生時の状況、加害者・被害者の過失割合についても争いになりました。

解決のポイント賃金センサスによる基礎収入の算定

事故当時、母親の介護に従事していたAさんの収入について、相手方は「一般的な主婦と同じであるため、基礎収入は認められない」と主張してきました。
Aさんの収入を証明する証拠がなかったため、当事務所では、日本の労働者の賃金データをまとめた書籍「賃金センサス」をもとに、Aさんの基礎収入を算定しました。
同時に、裁判所に対して、母親の要介護認定等級のほか、カルテや家族の陳述書を証拠として提出し、Aさんの介護の実態を立証しました。
それにより、裁判所の和解案では、女性全年齢の平均賃金が認められました。

解決のポイント刑事記録に基づいて相手方の過失を主張

加害者側は、「停止していたバスが死角となり、Aさんとの衝突は回避できず、加害者に過失はない」と主張してきました。
それに対し当事務所では、刑事記録に基づいて、被害者の発見が遅れたことに過失が認められると反論。当事務所の主張通り、加害者の過失が認められました。
もう一つの争点は、双方が横断歩道に進入した際の信号機の色でした。
こちらに関しては、刑事記録からAさんが青色で横断歩道を歩行していたことの認定は困難であったことを考慮。
過去の判例を基準とした過失割合50%の認定で、和解を受け入れました。

担当弁護士の
まとめ

事故当時、被害者の男性(自営業者)は母親の介護に従事していたことから、「基礎収入を認めない」と保険会社は主張してきました。そこで当事務所では、労働者の賃金データ(賃金センサス)をもとに被害者の基礎収入を算定。同時に、母親の要介護認定等級、カルテ、家族の陳述書から介護の実態を立証。基礎収入として、女性全年齢の平均賃金が認められました。「加害者に過失はない」とする主張に対しては、事故当時の刑事記録をもとに反論し、過失割合50%の認定を得ました。最終的に裁判上での和解に至り、7,300万円の損害賠償金を取得しました。
一生のうち、一度遭うか遭わないかの交通事故。交通事故の賠償金を得るまでの流れや、知識を知っている方は多くいらっしゃらないと思います。そのため、「主婦には基礎収入はない」と加害者側の保険会社に主張され、提示された賠償額に疑問を持たれることがないかもしれません。事故に遭ったうえに、さらに損をすることが無いよう、まずは、交通事故について経験豊富な弁護士に相談されることをお勧めします。

同じ分類の事例を探す

  • 取得金額5640万円
  • 受傷部位頭部(脳)
  • 後遺障害等級1級

高次脳機能障害による後遺障害等級1級1号が認定された後、入院生活3年5ヵ月目に死亡した被害者の付添看護費及び後遺障害・死亡慰謝料、遺族固有の慰謝料が問題となった事案

高次脳機能障害による後遺障害等級1級1号が認定された後、入院生活3年5ヵ月目に死亡した被害者の付添看護費及び後遺障害・死亡慰謝料、遺族固有の慰謝料が問題となった事案

  • 取得金額1億2789万円
  • 受傷部位頭部(脳)
  • 後遺障害等級4級

高次脳機能障害5級(併合4級)の事案で、将来介護費の請求が認められた示談交渉事例

高次脳機能障害が残存する場合、被害者の方・ご家族の方の手続き的な負担・今後の生活における負担が非常に重くなります。 本件は、弁護士に依頼いただく事で手続き的な負担を軽減しつつ、高額な賠償金を得ることができた事例となります。

  • 取得金額7,003万円
  • 受傷部位頭部(脳)
  • 後遺障害等級7級

18歳高校生が事故により「高次脳機能障害」が残り、ご両親から事故当初より弁護士に依頼いただいた解決事例

重度後遺障害の場合、治療のみならず加害者との交渉はご家族の大きな負担となります。被害者ご本人様からのご相談が難しい場合、ご両親からのご相談も可能です。早い段階からご依頼頂くことで示談交渉の負担を軽減/サポートさせて頂くことができた解決事例です。

  • 取得金額1億5,500万円
  • 受傷部位頭部(脳)
  • 後遺障害等級1級

重度後遺障害であっても、示談交渉によって早期解決が可能に。

重度後遺障害であっても、示談交渉により早期解決が可能であることがわか る交通事故の解決事例です。弁護士に相談の上、適切な後遺障害等級の認定を 受け、被害者の方の個別の事情に応じた主張・立証をつくすことで、被害者様ふくめたご家族様の今後の生活を守っていくための賠償額を得ることが可能です。

  • 取得金額4,300万円
  • 受傷部位頭部(脳)
  • 後遺障害等級2級

赤信号の横断歩道近くを横断した交通事故の解決事例。

被害者の方が赤信号の横断歩道の近くを歩行中、車と衝突した交通事故。「過 失割合」等が解決にあたって問題となりました。また、被害者の方は高齢であ り、高次脳機能障害による認知機能が低下してしまうとともに、足にも障害が残 りました。後遺障害等級認定手続きから、示談交渉までトータルサポートによ り解決した事例となります。

  • 取得金額789万円【2.63倍】
  • 受傷部位頭部(脳)
  • 後遺障害等級12級

過失割合等、被害者側の主張を丹念に立証して増額に。

弁護士に依頼いただくメリットは、専門知識とノウハウを利用いただき賠償額を増額させること、相手方との交渉の負担を減らすことにあります。本事例では刑事記録などの検証からの主張立証により、適正な賠償額を獲得することができた解決事例になります。

  • 取得金額7,098万円
  • 受傷部位頭部(脳)
  • 後遺障害等級4級

高次脳機能障害だけでなく、見逃されていた嗅覚障害を追加。

面談時に嗅覚障害の検査が必要と判断。検査結果を受けた結果、高次脳機能障害の7級だけではなく、嗅覚脱失12級との併合6級の認定を得ました。しかし、障害の程度からさらに高い等級が適切と判断し、異議を申立てました。最終的に高次脳機能障害5級と嗅覚脱失12級の併合4級が認められ、適正な賠償額を獲得できました。

  • 取得金額7,641万円
  • 受傷部位頭部(脳)
  • 後遺障害等級7級

物損の消滅時効、過失割合、高次脳機能障害など複数の争点も。

過失割合や高次脳機能障害の有無などの争点について、裁判での証人尋問や第三者への聞き取りといった詳細な調査に基づく主張立証を行い、裁判所から概ね当事務所の主張を認める和解案の提示があり、適正な損害賠償金を取得することができました。

  • 民事損害賠償手続きガイドブック
  • 弁護士による無料相談
  • -->

    交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

    特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
    重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

    • 初回相談無料
    • 着手金0円

    tel 0120-7867-30

    受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

    初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

    0120-7867-30 WEBからご予約