これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

解決実績

  1. 保険会社別解決実績一覧
  2. 受傷部位別解決実績一覧
  3. 弁護士別解決実績一覧
  4. 後遺障害等級別解決実績一覧

CASE158

受傷部位 むちうち(頸椎・腰椎) 後遺障害等級 非該当 (保険会社の掲示等級 : 非該当)
後遺障害内容 頸椎捻挫 担当弁護士 吉山晋市

担当弁護士:吉山 晋市

担当事例

解決方法 示談交渉
ご相談後の
提示額
(相談前 : 88万(夫婦合計)円) 200万円に増額
事故年: 平成28年4月 解決年: 平成29年年6月
保険会社: あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
後遺障害等級非該当ながら当初の提案から2倍以上の賠償額を示談交渉で獲得した事例  

Tさん夫妻 / 飲食店勤務

事故はこうして起こった

 

相談者のTさんは、妻を助手席に乗せて車を運転中,

信号待ちのため停車していたところ,

後方から追突され,

頸椎捻挫などの受傷をしました。

 

後遺障害と解決までの道のり

 

Tさん夫妻はともに,

任意保険会社の事前認定の手続で後遺障害等級非該当の認定を受けていました。

 

その後,

相手方保険会社から賠償額の提示を受けたものの,

後遺障害等級非該当は妥当なのか,

保険会社から提示された額は適正なのか,

弁護士に相談してみることにしました。

 

弁護士から,

    器質的な損傷もなく,通院期間,実通院日数の点からも後遺障害等級の獲得は厳しいこと

    通院慰謝料の額は裁判基準により増額の可能性があること

    源泉徴収票など収入に関する資料が乏しいことから休業損害のうち基礎収入の額の証明が困難であること

 

の説明を受けました。

 

Tさんは弁護士費用特約を附帯していなかったものの,

弁護士に依頼することで自身で保険会社と交渉する精神的な負担から

解放されるというメリットがあることから,弁護士に交渉の手続を任せることとなりました。

 

 

当事務所が関わった結果

受任した弁護士は,

① 裁判基準に沿った通院慰謝料の額を算定すること

② 休業損害証明書に従って基礎収入を算定すること

といった事情をもとに相手方保険会社に対案の提示をしました。


保険会社は休業損害証明書の存在は認めつつも,収入に関する公的書類(源泉徴収票,課税証明書など)がないことから,基礎収入を日額5,700円として算定することを主張しました。Tさん夫妻は,給与を手渡しでもらっており,給与明細書や源泉徴収票もなかったので,基礎収入の日額については保険会社の提案で譲歩することにしました。


もっとも,通院慰謝料については,裁判基準の算定表に従って算定したとおり金額で合意ができました。


その結果,Tさん夫婦に対する当初の提案である88万円から2倍以上の200万円の賠償額での示談解決に至りました。


解決のポイント【入通院慰謝料】

相手方保険会社からの提示は

裁判基準に照らすと,

半分以下でした。

 

相手方保険会社が提示してくる

慰謝料は一般的には裁判基準よりも

低いことが多いので,

 

慰謝料が適正かどうかを弁護士に相談することが必要です。

 

解決のポイント【休業損害の基礎収入】

休業損害証明書を

勤務先から発行してもらうことで

休業した事実は証明できても,

源泉徴収票や

住民税課税証明書が

ないと基礎収入に関する

証明は困難になります。

 

そのため,本件では.

基礎収入については自賠責の基準である

日額5700円で譲歩をして,

早期の示談解決に結びつけました。

 

 

担当弁護士の
まとめ

本件は,Tさん夫妻が通院していた整骨院の施術費用について保険会社が争っていたこともあり,事案としては複雑な一面がありました。

 

そのため,Tさんは,自分自身の慰謝料などの賠償のみならず,整骨院の施術費用についても保険会社の対応に頭を悩ませていました。

 

しかし,弁護士に交渉の手続を任せることで,保険会社との対応による精神的負担から解放されるとともに,適正な賠償額を得ることができ,かつ,保険会社からも整骨院にきちんと施術費用を払ってもらうことができました。

 

もし,任意保険会社が整骨院の施術費用を払わない場合には,いったん相談者の方が施術費用と立替えて支払い,その後,自賠責に被害者請求で傷害部分の請求をしていくことになりますが,自賠責保険においても否認される可能性もあり自己負担のおそれもあります。

 

そのため,Tさん夫妻が依頼したメリットは大きかったといえるでしょう。

 

Tさんからは,弁護士からこのケースでは示談による解決であれば費用倒れにならないと説明されたこと,弁護士費用が後払いであることから安心して依頼することができたと,解決後におっしゃっていただきました。

 

同じ分類の事例を探す

  • 取得金額768万円【2.09倍】
  • 受傷部位背骨
  • 後遺障害等級10級

頸椎圧迫骨折を保険会社が否認。弁護士が反論して増額へ。

「脊柱変形」の後遺障害が残られたケースです。脊柱変形は、裁判において「労働能力喪失率・喪失期間」が低く認定される傾向があります。当事例では、当初提示の賠償額より2.1倍に増額できた、当事務所に依頼いただくことのメリットを感じていただける解決事例になります。

  • 取得金額250万円【2.06倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

弁護士が代理人となることで保険会社の提示額から約2倍に。

保険会社からの提示額が、弁護士が交渉時に基準とする金額よりも低い場合があります。本事例もこうしたケースに該当し、被害者不利の提案がなされていました。弁護士が交渉を依頼することでのメリットを感じていただける解決事例です。

  • 取得金額535万円
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

飲食店を開業した直後のため、逸失利益が争点に。

交通事故では、被害者において「損害」を立証し賠償を受けることになります。通常、事故に遭う前の収入をもとに基礎収入を計算します。しかし、本ケースでは事故直前に開業したため事故直前の収入を証明する資料に乏しいにも関わらず、被害者に有利な内容で示談が成立した珍しい解決事例です。

  • 取得金額360万円
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

弁護士介入で後遺障害の等級を見直し。示談交渉で解決へ。

交通事故により腰椎捻挫による、腰痛・足のしびれが残りました。 後遺障害として認められることが少ない当症状の事例も、適切な資料を用意することで後遺障害の等級認定され、賠償額が増えることがあります。まさに当解決事例は弁護士の見立てにより、賠償額増額の可能性があったため異議申し立てを行い、最終的に後遺障害として認定、賠償額増額につながった解決事例になります。

  • 取得金額148万円【2.39倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級非該当

家事従事者(主婦)のむちうち(頸椎捻挫)の示談解決事例。

同乗者として同席していた被害者が、赤信号停車中に後部から追突され「むちうち」に。完治したものの、弁護士費用特約の利用により、実質0円で弁護士に示談交渉を依頼、2倍以上に増えた賠償額が手元に入った示談解決の事例。

  • 取得金額85万円【1.3倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級非該当

ケガが完治した案件に対して、弁護士費用特約を利用した事例。

けがが完治した案件について、慰謝料と休業損害を増額。頸椎捻挫(むちうち)に対する保険会社からの提示額が十分でなかったため、自動車保険に付帯の弁護士費用特約を利用して弁護士に依頼。増額(上昇率1.3倍)が認められました。

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約