これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

事故直後に受任。手続き全般を弁護士が主導し、示談で解決。

みおでご相談後の取得金額

相談後 854万円

事例の概要

被害者様:Oさん / 30代 会社員

事故直後にご依頼いただきました。

治療の進め方、休業損害の請求、後遺障害申請、示談交渉等の手続き全般を弁護士が行い、

可能な限り被害者の方に有利な形で解決しました。

事故はこうして起こった

Oさんは、お酒を飲んだ後、

自転車を運転して横断歩道を通行して道路を横断していたところ、

走行してきた四輪車に衝突され、激しく飛ばされ、

頭部その他全身を激しく地面に打ち付けてしまいました。

 

後遺障害と解決までの道のり

この事故で、

Oさんは脳挫傷、鎖骨骨折・上腕骨骨折・脛骨骨折・腓骨骨折・肋骨骨折・内臓損傷と重傷を負われました。

あまりに重傷であるため今後の手続きに不安を感じたご家族の方が相談に来られ、

その後Oさんからご依頼いただきました。

Oさんは、約5カ月入院、約7カ月通院され、奇跡的に怪我は大幅に改善しました。

ただ、身体の痛みや肋骨の変形が残ったことから後遺障害申請を行い、

身体の痛み12級、肋骨の変形12級で併合11級が認定されました。
その後、保険会社との示談交渉を行いました。

相当飲酒した上で自転車を運転していたこと等から、

過失割合の認定が厳しくなりましたが、

休業損害、逸失利益、慰謝料で可能な限りの譲歩を引き出し、

約854万円で示談が成立しました。

 

当事務所が関わった結果

30%程度の過失相殺が想定されたことから、

健康保険での治療への切り替えを行いました。

症状固定後は、後遺障害診断書のチェックを行い、

後遺障害等級の獲得に万全を期しました。

示談交渉では、過失相殺の関係で大幅な減額を余儀なくされましたが、

事故直後極めて重傷であったこと、

治療終了後も後遺障害が残っている影響が軽微ではないこと等を主張、

休業損害、慰謝料、逸失利益で保険会社の譲歩を引き出し、

最終的に約854万円で示談が成立しました。


 解決のポイント

健康保険の利用

Oさんの場合、重傷であり治療費が相当な金額になると予想できたこと、

過失割合も30%程度と比較的高くなってしまうことが予想されたことから、

治療について健康保険を使うことにしました。

最終的に治療費は健康保険負担分も含めると約1200万円になりました。

ただ、可能な範囲で健康保険を利用することで、

食事代・診断書代・診療報酬明細書代を含めた自己負担部分は約270万円に抑えることができました。

仮に、全部が自由診療であった場合の治療費は1500万円程度まで膨らんでいた可能性があります。

その場合、1500万円×30%=450万円程度が示談金から差し引かれることになりますが、

健康保険を使うことで差し引かれる金額を270万円×30%=80万円程度に抑えることができました。

これにより、450万円-80万円=370万円程度示談金を増額することができました。

 

後遺障害申請

症状固定後の後遺障害申請では、

残ってしまった症状がもれなく記載されているか確認を行い、

後遺障害診断書の修正手続等も行いました。

その結果、実態を反映した併合11級が認定されました。

 

 

休業損害

Oさんは、事故による怪我で退職を余儀なくされました

保険会社からは途中で休業損害を打ち切られてしまいましたが、

最終の示談交渉では、事故による影響が非常に大きかったことを主張。

再就職までの休業損害の支払を受けることができました。

逸失利益

痛みについて12級が認定された場合、

労働能力喪失期間を制限すべきとの主張がされることが多いと言えます。

本件でも、当初保険会社からは7年程度との主張を受けましたが、

10年を超える期間に修正して示談が成立しました。

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

事故直後にご依頼いただき、最終の示談までの手続きを弁護士が行いました。

弁護士が手続きをすることでOさんは保険会社とのやり取りから解放され治療に専念ができました。

そのこともあってか十分な治療を受けることができ、幸い身体の機能は大幅に回復しました。
示談交渉では、過失相殺の問題があり示談金額が抑えられてしまいましたが、

過失相殺以外の部分で保険会社の譲歩を引き出すことができました。
交通事故の被害に遭った時は、弁護士に依頼して手続きを進めることで、

円滑かつ有利な手続きが期待できます。

交通事故の手続きに悩んでいるという方は、当事務所にご相談いただければと思います。

 

 この記事を見た後にみている記事は?

むち打ちで14級が認定された主婦の方の示談交渉詳しく見る

12級13号認定、示談提示を受けた後に受任。約2.6倍の賠償金で解…詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約