これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

解決実績

  1. 保険会社別解決実績一覧
  2. 受傷部位別解決実績一覧
  3. 弁護士別解決実績一覧
  4. 後遺障害等級別解決実績一覧

CASE127

受傷部位 背骨 むちうち(頸椎・腰椎) 後遺障害等級 併合10級(頚椎圧迫骨折:11級7号、頚部痛:12級13号)
後遺障害内容 頚椎圧迫骨折、頚椎捻挫 担当弁護士 吉山晋市

担当弁護士:吉山 晋市

担当事例

解決方法 紛争処理センター
ご相談後の
提示額
(相談前 : 366万円) 768円に増額
事故年: 平成24年 解決年: 平成27年
保険会社: 三井住友海上火災保険株式会社
「脊柱変形」の後遺障害が残られたケースです。脊柱変形は、裁判において「労働能力喪失率・喪失期間」が低く認定される傾向があります。当事例では、当初提示の賠償額より2.1倍に増額できた、当事務所に依頼いただくことのメリットを感じていただける解決事例になります。

Nさん / 51歳 会社員

事故はこうして起こった

Nさんは、自動車を運転して赤信号待ちをしている際に、

後方からトラックに追突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故により、

Nさんは頚椎圧迫骨折頚椎捻挫等の怪我を負いました。

 

当事務所で後遺障害の等級の認定申請を行ったところ、

頚椎圧迫骨折は「脊柱に変形を残すもの」として11級7号

頚部痛は「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号

が認定され、併合10級の後遺障害が認定されました。

 

しかし、相手方保険会社はこれらの認定を不服とし、

特に圧迫骨折についてはそもそも骨折が生じていないとして

全面的に争う姿勢を示しました。

 

そこで、示談交渉での賠償金の増額は見込めないと判断し、

紛争処理センターにおける解決を目指しました。

 

その結果、センターから圧迫骨折の存在を前提とした和解案が提示され、当初保険会社が提示した額の2.1倍もの賠償金を獲得しました。

当事務所が関わった結果

本件では、「頚椎圧迫骨折」の存否が主な争点となり、
それに伴って「労働能力喪失率」・「喪失期間」が争われました。

当事務所では、、
主治医の先生から「医学的な意見」をうかがうため、
Mさんが通院しておられる病院を訪問しました。

また、交渉においては事故状況を指摘し、
頚部への衝撃の強さを訴えることにより、
保険会社側の言い分を排斥させることに成功しました。

解決のポイント加害者側保険会社の主張の問題点を捉え、丁寧に反論。

保険会社は、医師が作成した意見書医学書などを引用し、

圧迫骨折は存在しないと主張しました。

 

その主張内容および根拠を精査すると、

意見書を作成した医師は、

椎体の中央がへこんだ圧迫骨折であったにもかかわらず、

前縁と後縁の椎体高のみを測定していたため、

圧迫骨折と判定していなかった、ということが判明しました。

 

そこで、当職も主治医の先生が作成した意見書や医学書を引用し、

椎体の中央がへこんだ場合における椎体骨折は、

前縁と中央の椎体高、または後縁と中央の椎体高をそれぞれ測定して判定すべきと反論しました。

 

その結果、当方の主張が認められ、圧迫骨折の存在を前提とした和解案が提示されました。

解決のポイント「脊柱変形」の事故との因果関係の立証。

脊柱変形は加齢によって生じるケースも多く、

事故との因果関係が争われる場合があります。

 

本件ではトランクが酷く押し潰されている写真によって

頚部への衝撃の強さを訴え、

事故との因果関係を立証することに成功しました。

担当弁護士の
まとめ

脊柱変形障害のケースでは、

「労働能力喪失率」・「喪失期間」について争われることが多々あります。

 

裁判例もそれらを低く認定する傾向がありますので、

保険会社から等級に見合った金額が提示されることはほとんどありません。

 

また、本件のように事故との因果関係が争われることや、

骨折の有無自体について争われることもあり、

そのようなケースでは賠償額がさらに減額されてしまいます。

 

本件では当初提示額の2.1倍もの賠償額を得ることができましたが、

そのためには「解決のポイント」で記載したような緻密な立証活動が必要となります。

 

こうした場合においては、おひとりで示談交渉を行うことは難しく、

弁護士に依頼いただくメリットがあるケースといえます。

どうぞ、お気軽に当事務所の無料相談をご利用ください。

同じ分類の事例を探す

  • 取得金額1,642万円【4.7倍】
  • 受傷部位背骨
  • 後遺障害等級11級

賠償金額の判断から交渉まで依頼いただき4倍以上に増額。

加害者側の保険会社から提示された賠償金額が適切かどうか分からない被害者の方から、弊所の無料相談を多くの方にご利用頂いています。当解決事例はそうしたご相談からのご依頼で、「1000万円」以上増額できた、逆に言えば同金額を損していたかもしれない、という「弁護士に相談」されることの大切さを感じていただける事例です。

  • 取得金額768万円【2.09倍】
  • 受傷部位背骨
  • 後遺障害等級10級

頸椎圧迫骨折を保険会社が否認。弁護士が反論して増額へ。

「脊柱変形」の後遺障害が残られたケースです。脊柱変形は、裁判において「労働能力喪失率・喪失期間」が低く認定される傾向があります。当事例では、当初提示の賠償額より2.1倍に増額できた、当事務所に依頼いただくことのメリットを感じていただける解決事例になります。

  • 取得金額1,150万円
  • 受傷部位背骨
  • 後遺障害等級11級

腰椎圧迫骨折後の脊柱変形障害で、逸失利益が増額した事例。

脊柱の変形障害による後遺障害11級において、保険会社から「脊柱変形自体による逸失利益は認められない」とする主張される事が多い事案。 保険会社より逸失利益が500万円程度にとどまるとの主張に対し、弁護士より反論を行い、逸失利益は約930万円と増額し解決に至った事例。

  • 取得金額1,400万円【2.8倍】
  • 受傷部位背骨
  • 後遺障害等級11級

骨盤等多数骨折による変形疼痛で、提示金額を増額し解決。

被害者がバイクで走行していたところ、右折してきた自動車との衝突事故。全身に複数の骨折を負い、11級の後遺障害等級認定を受けられました。保険会社提示の賠償額において、入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・逸失利益等が低く、代理交渉することで増額し解決した事案。

  • 取得金額1,523万円
  • 受傷部位背骨
  • 後遺障害等級11級

同乗する自動車での単独事故。訴外交渉で賠償金を獲得した事例。

同乗する自動車による単独事故。運転は被害者の友人だったため、友人が加入の保険会社と訴外で交渉。労働能力喪失率と過失相殺が争点となったものの、被害者の利益を総合的に判断し、被害者が納得できる形で示談による和解を成立させることができました。

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約