これまでの交通事故ご相談取り扱い実績5,000件以上(~2019年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

トラック事故の解決のポイント

はじめに

トラックが加害者となる事故は、怪我が重くなりがちであったり、過失割合について一般車両と若干の違いが出る場合があったり、相手方がトラック共済であったりと、他の交通事故とは異なる特徴があります。
ここでは、加害者がトラックであったときの交通事故の特徴について見ていきたいと思います。

トラック事故の怪我

トラックは一般車両より重量があり、交通事故が発生したときに大きな事故になりがちです。被害者の方が重い怪我を負うこともあり、高次脳機能障害等の重度後遺障害が残ってしまうことも稀ではありません。
大きな怪我負って、重い後遺障害が残った場合は、賠償金額が大きくなりますので、後遺障害の手続きや示談交渉を弁護士に依頼するメリットが大きいと言えます。

トラック事故の過失割合

トラック事故も、基本的には一般車両が加害者になったときと過失割合は変わりません。ただ、大型車であることが事故発生の危険性を高くしたと考えられる場合は、大型車側の過失が5%程度大きくなることがあります。
例えば、交差点に直進進入した車両が、右折してきた大型車の側面後方に衝突した事故などでは、過失割合が修正される可能性があります。

トラック事故の相手方

トラックが加害者となる交通事故に遭った場合、一般的な保険会社ではなく、トラック共済が相手方になることがあります。全国のトラック共済一覧は下記の通りです。

No. トラック共済一覧
1 北海道トラック交通共済協同組合
2 東北交通共済協同組合
3 新潟地方交通共済協同組合
4 長野県トラック交通共済協同組合
5 関東交通共済協同組合
6 神奈川県自動車交通共済協同組合
7 中部交通共済協同組合
8 三重県交通共済協同組合
9 近畿交通共済協同組合
10 兵庫県交通共済協同組合
11 岡山県トラック交通共済協同組合
12 中国トラック交通共済協同組合
13 四国交通共済協同組合
14 九州トラック交通共済協同組合
15 南九州交通共済協同組合

当事務所が主に取り扱っている近畿圏の交通事故では、近畿交通共済・兵庫県交通共済の2共済が相手方になることがよくあります。近畿交通共済と兵庫県交通共済の対応状況は、事案ごとにばらつきはありますが、一般的な保険会社と遜色ない対応を受けられる印象です。
トラックは地域をまたいで走行することがよくあるため、当事務所でも、その他の遠方のトラック共済が示談交渉の相手方になることがあります。

まとめ

トラック事故に遭った場合、大きな怪我を負ったり、相手方がトラック共済であることもあり、対応に不安を覚える方もいらっしゃると思います。
当事務所では、トラック共済相手の示談交渉も数多く取り扱っていますので、トラック事故の手続きを弁護士に任せたいとお考えの方は、当事務所にご相談いただければと思います。

更新日:2020年7月27日

増額しなければ
弁護士費用はいただきません!

  • 初回相談無料
  • 着手金無料
  • 弁護士費用後払い
  • 弁護士費用特約利用可能

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30
タップして電話をかける

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 
※ケータイ電話からも通話無料!

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041