これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

警察における人身事故と物件事故の違い

はじめに

交通事故被害に遭遇したときは、警察に事故があったことを届け出る必要があります。その際、人身事故で届け出るか物件事故で届け出るか警察から聞かれるかもしれません。むち打ちで大きな怪我ではないから‥、加害者に誠意があるから‥、といった理由で怪我をしているのに物件事故を選択されることもあると思います。ただ、物件事故にするか、人身事故にするかで今後の手続きに影響が出てくることがあります。このページでは、警察に対し物件事故で届け出るか人身事故で届け出るかでどのような違いが出るか、被害者側の視点で解説したいと思います。

加害者の刑事処分

人身事故の場合、過失運転致死傷罪で処罰の対象となります。一方、物件事故の場合、建造物損壊がなければ、刑事処罰の対象外です。
加害者の刑事処分を求める場合は、人身事故として届け出る必要があります。

加害者に対する行政処分

人身事故の場合、行政処分の対象となります。一方、物件事故の場合、建造物損壊がなければ、行政処分の対象外です。
加害者に対する行政処分が必要だと考える場合は、人身事故として届け出る必要があります。

事故状況の捜査の程度

人身事故の場合、警察は実況見分という形で事故状況の詳しい捜査を行い、実況見分調書という書面を作成してもらえます。一方、物件事故の場合、事故状況の詳しい捜査は行われず、事故状況の図面は作成されないか、作成されたとしても簡易なものとなります。
交通事故直後は特に事故態様に争いが無くても、後日、主張が変わることが時々見られます。事故状況の争いを生じにくくするには、人身事故として届け出る必要があります。

警察への提出書類の違い

人身事故の場合、医師の診断書を警察に提出する必要があります。物件事故の場合は、当然と言えば当然ですが診断書は提出しません。

加害者の自賠責保険に請求をするときの相違点

実際には怪我をしているのに物損事故として届け出た場合、そのままでは加害者の自賠責保険に治療費等の請求ができません。自賠責に治療費等の請求をするには、人身事故証明書入手不能理由書という書類に加害者側の印鑑をもらい、自賠責に提出する必要があります。
書類一つですが、手続きが遅れる原因にはなりますので、このような手間を省くには人身事故として届け出る必要があります。

まとめ

交通事故で怪我をしているのに人身事故ではなく物件事故として届け出るメリットは、警察に診断書を提出しなくていいという点があげられます。しかし、物件事故として届け出るデメリットは上記の通りいくつもあります。そのため、交通事故で怪我をした場合は、基本的に人身事故で届け出るようにする必要があります。物件事故として届け出るのであれば、ここで記載したようなデメリットが生じても問題ないか検討してからの方がいいでしょう。

更新日:2019年7月23日

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30
タップして電話をかける

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 
※ケータイ電話からも通話無料!

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041