これまでの交通事故ご相談取り扱い実績5,000件以上(~2019年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

交通事故ではいつまで治療費が支払われる?

はじめに

 交通事故に遭って怪我をした場合、通常、加害者の保険会社から治療費が支払われます。ただ、治療費はいつまでも支払われるわけではありません。怪我か完治すれば、当然治療費は支払われなくなりますし、治療をしても症状が大きく変わらない状態になったときも、治療費は支払われなくなります。また、保険会社の判断で、症状が大きく変わらないとは言いづらい段階から治療費の支払いが止まることもあります。
押さえておかないといけないのは、交通事故では、いつまでも治療費が支払われるわけではないという点です。

治療費支払が終了した際の対応方法

治療費支払が終了した場合、どのような事情で終了したかにより対応方法が異なります。

状況 対応
怪我が完治した場合 治療は終了となり、保険会社との示談交渉に入ります
治療をしても症状が大きく変わらない状態になった場合 治療を継続するか、後遺障害の申請をするかの判断が必要になります。後遺障害の申請をしないのであれば、保険会社との示談交渉に入ります。後遺障害の申請をするのであれば、後遺障害の結論が出てから、保険会社との交渉に入ります。
症状が大きく変わらないとは言いづらい段階で治療費支払が終了した場合 治療を継続するかどうかの判断が必要になります。基本的には、治療継続が必要と言えますが、むち打ち等で既に十分な治療期間を確保できている場合は、治療終了の選択肢もあり得ます。

なお、保険会社が治療費の支払終了を打診してきたときに、期間を伸長できるかは保険会社次第の面があり、そもそも伸長できないか、大きくは伸長できないことが多いと言えます。

治療費支払が終了した後の補償

治療費支払が終了しても、何の補償もなくなるというわけではありません。交通事故で怪我をして治療が必要になったこと、これからも治療が必要になるかもしれないことから、慰謝料(傷害慰謝料・入通院慰謝料)の支払いを受けることができます。
また、症状が残っていて、後遺障害の認定を受けた場合は、後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料の支払いを受けることができます。
以上の慰謝料等は、示談が成立すれば、まとまった形で受け取ることができます。

まとめ

このように、交通事故では、事故発生からある程度の期間は、かかった治療費について個別に支払いを受けることができます。ただ、それはいつまでもというわけではなく、どこかの時点で、個別の支払いではなく、慰謝料等でまとめた形での支払いになります。交通事故の治療費や慰謝料の支払いの仕組みを事故当初から把握していれば、治療費の支払を打切られても慌てず対応することが可能と言えるでしょう。

更新日:2020年12月2日

増額しなければ
弁護士費用はいただきません!

  • 初回相談無料
  • 着手金無料
  • 弁護士費用後払い
  • 弁護士費用特約利用可能

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30
タップして電話をかける

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 
※ケータイ電話からも通話無料!

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041