これまでの交通事故ご相談取り扱い実績5,000件以上(~2019年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

後遺障害等級別の弁護士依頼のタイミングの傾向

後遺障害等級別の弁護士依頼のタイミングの傾向

 交通事故の手続きをどのタイミングで依頼するか、この点についてお問い合わせいただくことは数多くあり、多くの方が迷っておられることと思います。治療中の依頼、症状固定前後の依頼、後遺障害等級認定後の依頼、保険会社が示談金額を提案してきた後の依頼が考えられますが、実は、後遺障害等級別に考えると弁護士への依頼のタイミングについて、少しだけ傾向が見えてきます。

後遺障害等級非該当または14級の場合

 後遺障害等級非該当や14級になるのは、怪我が比較的軽度で完治した場合や、むち打ち等で痛みやしびれが残ってしまった場合等が考えられます。
 当事務所では、後遺障害等級非該当や14級の方の場合、4割ほどの方は保険会社からの示談金額提案後のご依頼で、それ以外の6割ほどの方は、治療中・症状固定前後・後遺障害等級認定後示談提示前にご依頼をいただいています。4割ほどが示談金額提案後の依頼となっていますが、他の後遺障害等級の方と比較すると、示談提案後の依頼の比率が高いと言えます。このような傾向があるのは、下記の点が理由になっていると思われます。

後遺障害等級非該当や14級の方は示談提案後の依頼の比率が高い理由
  • 怪我が比較的小さいことが多いため、治療中や症状固定前後に弁護士に依頼するほどの問題が生じないケースがあること
  • 弁護士としても治療中や症状固定前後にご依頼を受けても、特に後遺障害非該当という結果になった場合、弁護士費用ばかりかかる可能性があり、保険会社からの示談提示があるまでご依頼を受けないケースがあること

 なお、6割ほどの方は、保険会社からの示談金額提案前のご依頼ですが、この6割ほどの方は、弁護士特約があるため、早いタイミングで弁護士に依頼しやすかったという方が多い印象です。

後遺障害等級12級の場合

 後遺障害等級12級になるのは、骨折をして関節が動かしづらくなった場合や、骨折部分の不整癒合が原因で痛みが残った場合等が考えられます。
 当事務所では、後遺障害等級12級の方の場合、保険会社からの示談金額提案後のご依頼は3分の1ほどで、3分の2の方は示談金額提案前にご依頼いただいています。後遺障害等級非該当や14級の方より、示談金額提案前のご依頼の比率が高くなります。このような傾向があるのは、下記の点が理由になっていると思われます。

遺障害等級非該当や14級の方より、示談金額提案前のご依頼の比率が高い理由
  • 怪我が比較的大きいこともあり、後遺障害申請の時点から弁護士に依頼したいと考える方が増えること
  • 少なくとも14級の後遺障害等級が認定される可能性が高い場合があり、弁護士費用ばかりかかる可能性をあまり考慮しなくてよく、弁護士としても保険会社からの示談提示前の受任を躊躇しなくていいケースが多いこと

後遺障害等級11級・10級の場合

 後遺障害11級になるのは、脊椎を圧迫骨折し、脊柱変形が残ってしまった場合や、可動域制限・痛みの12級が複数箇所に残ってしまった場合等が考えられます。また、後遺障害等級10級になるのは、関節可動域が、健側の半分以下になった場合等が考えられます。
 当事務所では、後遺障害等級11級・10級の方の場合、保険会社からの示談金額提案後のご依頼は3割ほどで、7割ほどの方は示談金額提案前にご依頼いただいています。12級の方よりも示談金額提案前のご依頼の比率が上がります。示談金額提案前のご依頼の比率がさらに上がるのは、下記の点が理由になっていると思われます。

示談金額提案前のご依頼の比率が上がる理由
  • 怪我が12級の場合より重く、後遺障害認定の可能性がより高いと見込まれるケースが多いこと
  • かかる弁護士費用以上の増額が見込まれるケースが多いこと

後遺障害等級9級~1級・死亡事案の場合

 後遺障害等級9級以上となると、事故直後非常に大きな怪我で、症状固定に至っても大きな症状が残り、仕事や日常生活に大きな影響が残っていることが多いと言えます。当事務所では、保険会社からの示談金額提案後のご依頼は約6分の1で、約6分の5の方は示談金額提案前にご依頼いただいています。ほとんどは、保険会社からの示談金額提案前のご依頼と言えます。これは、下記の点が影響していると思われます。

ほとんどの方が保険会社からの示談金額提案前のご依頼である理由
  • 怪我が重く、後遺障害等級の認定が確実と見込まれるケースが多いこと
  • 弁護士費用を考慮しても弁護士に手続きを依頼するメリットがあると見込まれるケースが多いこと
  • 賠償額が高くなるため、弁護士に依頼したいと考える方が増えると思われること

みお綜合法律事務所の弁護士のまとめ

 後遺障害等級別に、弁護士依頼のタイミングを見てきましたが、後遺障害等級が高いほど、弁護士依頼のタイミングが早くなる傾向があることが分かります。交通事故の手続きを弁護士に依頼することを考えているものの、どのタイミングで相談・依頼すべきか迷っている方は多くいらっしゃると思います。事務所によって、どのタイミングでの依頼が多いかは異なるかもしれませんが、当事務所での後遺障害等級別の依頼のタイミングの傾向を参考にしていただくのも一つの方法かもしれません。

当事務所での後遺障害等級別の依頼のタイミングの傾向
後遺障害等級 保険会社からの示談金額提案前のご依頼 保険会社からの示談金額提案後のご依頼
死亡・1級~9級 約6分の5 約6分の1
10級・11級 約7割 約3割
12級 約3分の2 約3分の1
14級・非該当 約6割 約4割

更新日:2021年4月1日

増額しなければ
弁護士費用はいただきません!

  • 初回相談無料
  • 着手金無料
  • 弁護士費用後払い
  • 弁護士費用特約利用可能

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30
タップして電話をかける

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 
※ケータイ電話からも通話無料!

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041