これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

ご質問カテゴリー

むち打ち症で後遺障害が認定されるには


交通事故でむち打ち症になって、痛みやしびれが残っても、後遺障害は認定されないのではないか‥と思われている方が多くいらっしゃいます。確かに、むち打ち症で後遺障害が認定されない事例は多いのですが、認定される事例も数多くあります。
ここでは、むち打ち症で認定される可能性のある後遺障害の等級や、どうすれば認定されやすくなるか、などについて見ていきたいと思います。

むち打ち症の、後遺障害の等級は?

交通事故の怪我で後遺症が残った場合、症状に応じて1級~14級・非該当のいずれかの後遺障害等級が認定されます。最も重度の1級から、最も軽度の14級まであり、14級に至らない場合は、非該当となります。
この中で、むち打ち症で認定される可能性があるのは、12級・14級・非該当のいずれかですが、12級になることは珍しく、ほとんどの場合、14級か非該当となります。

後遺障害等級認定に必要な要素

むち打ち症で後遺障害等級が認められるかどうかは、次の様な要素を総合的に考慮して判断されます。
要件が明確ではないため、むち打ち症で後遺障害申請をする際は、弁護士に手続きを依頼するメリットが大きいと言えます。

レントゲンやMRIでの画像所見の有無

後遺障害診断書の内容

事故態様

物損の程度

症状経過

治療状況

神経学的所見の有無、など

申請を弁護士に依頼すると、認定の可能性が高くなる理由

むち打ち症になってしまった場合の後遺障害等級認定の申請を、交通事故に詳しい弁護士に依頼すれば、後遺障害が認定されるかどうか、ある程度の見通しを立てることは可能です。また、上記①~⑦をチェックし、必要書類が揃っているかのチェックなどを経て、申請を行いますから、手続きを円滑に進めることができ、適切な後遺障害等級が認定される可能性も高くなります。認定の結果に納得できなければ、不服申立の手続きもスムーズに進められます。

後遺障害等級認定申請を相手側の保険会社に任せてしまう事前認定と言う方法もあります。手間が省けるメリットはありますが、後遺障害診断書などの書類の内容が不十分なまま申請されてしまうことも多く、適正な等級が得られない可能性が高くなります。

更新日:2018年8月6日

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041