これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

ご質問カテゴリー

主婦の収入証明について

主婦の収入証明について

「賃金が低いと損害賠償金も低くなるの?」

交通事故に遭って仕事を休んだとき、被害者は加害者側に、その間の収入の補償を求めることができます。また、後遺障害が残れば、逸失利益を請求することができます。

ここでは主に、パート勤務や専業主婦をされている女性の損害賠償金についてご説明します。

“逸失利益”という言葉をご存知でしょうか?

交通事故で後遺障害が残り、収入が減ったり、減る恐れがある場合、“逸失利益”という形で補償を求めることができます。逸失利益が損害賠償金の額を大きく左右することがありますので、交通事故の賠償金交渉において重要なポイントと言えます。

逸失利益の計算の基になるのが、“基礎収入”です。一般的な会社員の場合は、年収がはっきりとわかっている=基礎収入の証明ができるため、基礎収入での争いは生じにくいと言えます。それでは、現実の収入がない専業主婦や、収入はあるものの多いとは言えないパート勤務の方はどうなるのでしょうか。

女性が被害者の場合、収入はどうやって証明するのでしょう?

女性の収入のパターンは、正社員・契約社員・パートタイマー・専業主婦等々、様々です。

正社員などフルタイムで働いていて、女性の平均賃金より大きい収入がある場合は、先述のように年収から計算されます。

一方、現金収入の無い専業主婦であったり、主婦をしながらパート勤務をされている場合、計算のベースとして「平均賃金」が採用されます。具体的には、全国女子労働者の平均賃金(厚生労働省「賃金センサス」による)を基礎として計算するのが妥当とされています。

専業主婦も「家事労働に従事している」と認められています。

専業主婦も「家事労働に従事している」と認められています。

現金収入がないから逸失利益はない、と考えるのは間違いです。専業主婦は、家族の生活を支えるために、家事労働という労務に就いていると認められています。つまり財産上の利益を得るための仕事であり、金銭的に評価できるということです。そのため、女性の平均賃金を基準として、逸失利益や休業損害が算出されます

パート勤務の場合はどうでしょう。

フルタイムの仕事ではなく、パート勤務の場合。先述の女性の平均賃金よりも、収入は少ないと考えられます。しかし、休業損害や逸失利益算定の際は、パートの収入を基礎とするのではなく、平均賃金を基に補償金額が算出されます。

現実の収入が少ないからと、あきらめる必要はありません。常に最新の情報を収集している、交通事故問題に詳しい弁護士に相談されることが得策です。

更新日:2018年5月31日

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041