これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

ご質問カテゴリー

むち打ち症の症状固定のタイミングと後遺障害申請

症状固定をすると

交通事故でむち打ち症になり、治療を続けても症状があまり変わらなくなると、症状固定となります。症状固定になると、保険会社による治療費支払いや休業補償が終了し、後遺障害等級の申請をするかどうかの判断が必要になります。
症状固定後も、被害者側の判断でリハビリなどの治療を続けることは可能ですが、健康保険を使うなどして自己負担での通院になります。

症状固定のタイミング

症状固定は本来、治療をしても大きな変化がない状態になった時期に行うものですが、実際には、保険会社の判断・主治医の先生の判断・被害者自身の判断等により、時期がずれることがあります。
後遺障害等級の申請をするには、6か月以上治療した上で症状固定にする必要があります。保険会社が治療費の支払いを打ち切らなければ、6か月以上治療を継続することも可能ですが、その結果、後になって治療期間の相当性が問題になったり、症状が軽快して後遺障害の対象から外れることもあり得ます。そのため、保険会社から治療費の支払いを打ち切られなくても、治療を長期化させず、交通事故発生から6か月以上経過すれば症状固定とするといったことも検討しておく必要があります。

後遺障害等級申請の流れ

症状固定の後も、むち打ちに伴う痛みやしびれなどが続き、後遺障害等級の申請をする必要があると判断したら、後遺障害診断書の作成(主治医に依頼)⇒ 後遺障害等級の申請 ⇒ 後遺障害等級の認定 ⇒ 示談交渉、と手続きを進めていくことになります。

むち打ち症は特に、外から見えない傷害ですし、被害者自身でさえ大したことはないといった判断をする傾向がありがちですが、症状によっては、後遺障害の認定を受けられる可能性があります。症状固定すると、治療は終わったということになり、その後新たな治療や手術の必要が生じても、治療費としての支払いは受けられません。さらに、適正な後遺障害等級の認定を受けるには、症状固定のタイミングや、後遺障害診断書の内容が非常に重要になってきます。後遺障害等級の認定を受けられるか否かで、示談交渉により支払われる慰謝料が数倍も変わることがあります。
このように、むち打ち症でいつ症状固定するかは様々な要素を考慮して判断する必要があり、専門的な知識が必要ですので、保険会社や主治医から「症状固定しましょう」と言われたら、交通事故に詳しい弁護士に相談されることをお勧めします。

更新日:2018年8月6日

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041