これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

眼に関する後遺障害等級表。

眼 耳 鼻 口 神経系統の機能または精神
頭部・顔面・頸部 胸腹腹部臓器(生殖器含む) 体幹 上肢 下肢
1.部位 2.障害の系列 3.障害の等級(序列)
  器質的
障 害
機能的
障 害
系列
番号
 
 
 
眼 球
(両目)
--- 視力障害 1
1級→ 両眼失明
2級→ a:一眼失明し、他眼の視力0.02以下
b:両眼の視力が0.02以下
3級→ 一眼失明し、他眼の視力0.06以下
4級→ 両眼の視力が0.06以下
5級→ 一眼失明し、他眼の視力0.1以下
6級→ 両眼の視力が0.1以下
7級→ 一眼失明し、他眼の視力0.6以下
8級→ a:一眼失明
b:一眼の視力が0.02以下
9級→ a:両眼の視力が0.6以下
b:一眼の視力が0.06以下
10級→ 眼の視力が0.1以下
13級→ 一眼の視力が0.6以下
眼 球
(両目)
--- 調節機能
障害
2
11級→ 両眼の眼球の著しい調節機能障害
12級→ 一眼の眼球の著しい調節機能障害
眼 球
(両目)
--- 運動障害 3
10級→ 正面視で複視
11級→ 両眼の眼球に著しい運動障害
12級→ 一眼の眼球に著しい運動障害
13級→ 正面視以外で複視
眼 球
(両目)
--- 視野障害 4
9級→ 両眼に半盲症,視野狭窄又は視野変状
13級→ 一眼に半盲症,視野狭窄又は視野変状
まぶた
(右)
欠損障害 運動障害 5
9級→ 両眼のまぶたに著しい欠損
11級→ a:一眼のまぶたに著しい欠損
b:両眼のまぶたに著しい運動障害
12級→ 一眼のまぶたに著しい運動障害
13級→ a:両眼のまぶたの一部を欠損
b:両眼のまつげはげ
14級→ a:一眼のまぶたの一部を欠損
b:一眼のまつげはげ
まぶた
(左)
欠損障害 運動障害 6
9級→ 両眼のまぶたに著しい欠損
11級→ a:一眼のまぶたに著しい欠損
b:両眼のまぶたに著しい運動障害
12級→ 一眼のまぶたに著しい運動障害
13級→ a:両眼のまぶたの一部を欠損
b:両眼のまつげはげ
14級→ a:一眼のまぶたの一部を欠損
b:一眼のまつげはげ

ご質問カテゴリー

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約