これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

高次脳機能障害賠償請求について

  「高次脳機能障害」の賠償請求に役立つ
様々な情報をご紹介しています。

05高次脳機能障害における、家族による
「日常生活状況報告書」記入の重要性

このページでわかること
自賠責保険における高次脳機能障害の認定手続きには、医師の診断書だけではなく、一番身近な存在であるご家族の意見も重視しています。
それが「日常生活状況報告書」です。事故前と変わったことや、何が困難になったのかを、より詳しく説明し伝えることができます。家族でなければわからない障害、日常の生活の中で問題となる障害を明かにすることのできる、とても重要な資料です。

まずは事例をご覧ください

自転車で交差点を横断中に四輪車と衝突したNさんは、頭蓋骨骨折・くも膜下出血等の大ケガをされ、手術などの治療を受けられました。 事故から約1年が経過した頃には、症状も落ち着きましたが、同じ内容の話を繰り返すことが多くなったり、ご家族から見て幼稚な感じがするといった性格の変化が残存してしまいました。 保険会社から症状固定と言われたNさんとご家族は、今後の手続きに不安を感じ、後遺障害の手続きと示談交渉の手続きを依頼したいとして当事務所にいらっしゃいました。 Nさんとご家族からお話を伺ったところ、過失相殺については難しい部分はあるものの、高次脳機能障害が認定される可能性があり、一定額の賠償金が支払われる可能性があると思われたため、当事務所で手続きを受任しました。 受任後は、後遺障害申請の手続きと示談交渉を行いました。 その結果、高次脳機能障害で 9級10号 が認定され、 賠償金は16,160,000円を取得できました。

日常生活状況報告書は御家族が記入してください

上記の事例からも分かるように、事故前と現在との違いを、ご本人が認識することが難しい部分があるのが高次脳機能障害です。人格の変化などは、ご家族など身近な人でないと分かりません。 事故直後のひどい状態を見ていると、少しでも症状が改善されると「良くなった、治った」と喜んでしまいがちですが、重要なのは事故に遭う前の健全な状態と、症状が固定された現在の状態との比較です。何ができなくなったのか、何が変わってしまったのか、それがわかるのはご家族です。しっかりと認識して、詳しく記入するようにしましょう。所定の書面では伝えきれないことや、収まりきらないことは、別紙として提出することも可能です。

日常生活状況報告書の記載方法

「日常生活状況報告書」は、事故前と現在との変化を確認するためのものです。事故前と比較して何ができなくなったのか、どの程度困難になったのか、冷静に判断して記載する必要があります。択一式回答では、うまく伝えられないと感じられることもあるかもしれません。その時には別紙で詳しく説明することが可能です。
また、それぞれの質問は重要な意味を持っています。医師の診断と一致している必要もあります。どのように記載すればいいのか、難しい判断が求められる場合もありますので、高次脳機能障害の後遺障害申請に詳しい弁護士としっかり相談することが大切です。

高次脳機能障害の介護・看護費用と賠償金請求について

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30
タップして電話をかける

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 
※ケータイ電話からも通話無料!

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041