これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

医師とは友好なコミュニケーションを。

治療と症状固定と後遺障害

治療については、医師の言うことを良く聞きましょう。また、医師との関係は良好に保ってください。加害者との民事裁判になった際、弁護士は主治医の意見を伺う必要があります。被害者と医師との関係が良好であったか否かで、弁護士が医師と面談できるか否かが変わってきます。

ただし、「どうしても医師を信頼することができない」といった場合には、別の病院を紹介してもらうなどするのはやむを得ません。 「治療やリハビリの効果がそれほど上がっていない」といった場合には、症状固定(これ以上治療しても良くならない状態になったこと)の可能性もありますので、主治医と症状が固定したかを相談してください。

しかし、症状固定とすると、治療費や休業損害が保険会社から出なくなるという効果が伴いますので、慎重に判断してもらう必要があります。その反面、無理に症状固定を長引かせても、解決(加害者からの賠償の取得)を遅らせるだけであるだけでなく、最終的に得られる金額も少なくなる場合があることも念頭に置いてください。

もっとも、重大な後遺障害が残っている場合には、自宅介護に移行する必要に迫られることになり、自宅の改造や介護体制を整えたりするなどの問題がありますので、とりわけ慎重に判断する必要があります。

症状固定以降の支障

症状固定以後の支障(≒後遺障害)は、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益として評価されることになります。そして、症状固定に至った場合には、医師に後遺障害診断書を作成してもらうことになります。

ただし、医師は非常に忙しいことが多いため、後遺障害診断書の「自覚症状」の欄をあまり記入しようとしません。また、医師は治すのが仕事であって、残った後遺障害がどの程度の重さかを判断することが仕事ではありません。したがって、労災や自賠責が要求する検査が何であるかといったことまで、詳しくご存知ない方も多いのです。

したがって、後遺障害診断書を作成してもらってから、保険会社に提出する前に、必ず弁護士に後遺障害診断書を見せて内容をチェックしてもらってください。医師と弁護士、それぞれの専門家でチェックするわけです。

ただし、弁護士の中には、認定基準に詳しくなく、後遺障害診断書の作成を医師に丸投げする方もいるので注意が必要です。

ご質問カテゴリー

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約