これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

解決実績

  1. 保険会社別解決実績一覧
  2. 受傷部位別解決実績一覧
  3. 弁護士別解決実績一覧
  4. 後遺障害等級別解決実績一覧

CASE34

専門誌に掲載

受傷部位 上肢 後遺障害等級 併合9級 (保険会社の掲示等級 : 12級6号)
後遺障害内容 左肩の可動域制限等 担当弁護士 小川弘恵

担当弁護士:小川 弘恵

担当事例

解決方法 裁判
ご相談後の
提示額
8,335円に増額
事故年: 平成17年 解決年: 平成23年
保険会社:
被害者の歯科医師は、事故による後遺障害により稼働できなくなりましたが、思いのほか低い等級認定(12級6号)を受けました。異議申立を行い、併合9級の認定を得ました。また基準値の倍となる労働能力喪失率が認められるなど、当事務所の解決力が実を結んだ事例です。

Aさん(30代)歯科医師

事故はこうして起こった

平成17年の某月、歯科医師であったAさん(30代・男性)は、信号機のない交差点に自転車で進入したところ、交差点に進入してきた自動車と衝突してしましました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故によってAさんには、左肩の可動域制限と脊柱の変形障害及びこれらによる頑固な疼痛等(後遺障害等級併合9級)が残り、歯科医師として稼働することが全くできなくなってしまいました。当事務所が受任し、裁判を提起した結果、最終的に判決により85,354,538円(自賠責保険含む)の損害賠償金を取得することができました(1審で裁判確定)。なお、この事件が解決したのは、平成23年です。

当事務所が関わった結果

自賠責の被害者請求を行った時点では、左肩の関節可動域制限につき後遺障害等級12級6号、脊柱の変形障害については後遺障害に該当しないとの認定を受けました。当事務所では、これを不服として異議申立を行い、その結果、左肩関節可動域制限につき後遺障害等級10級10号と脊柱の変形障害につき11級7号を併合した後遺障害9級の認定を受けることができました(後遺障害NAVIケース12)。
また、裁判では、後遺障害逸失利益における労働能力喪失率や過失割合が争点となりましたが、当事務所の主張がほぼ受け入れられ、他の裁判例に比べてかなり上回る基準が採用された判決となりました。

解決のポイント再検査でデータを収集し、後遺障害等級併合9級を取得

本件では、当初の後遺障害等級12級6号からさらに高い等級の認定を得るため、異議申し立ての際、様々な視点から病院で再検査を行ってデータを収集し、医師との面談を重ねて資料を準備しました。その結果、異議申し立てがそのまま認められ併合9級の結果を得ることができました。

解決のポイント証拠の作成・提出で、基準の倍の労働能力喪失率を認定

後遺障害等級9級の場合、裁判上で認定される労働能力喪失率は35%というのが一般的な基準といわれていますが、本件では基準の倍にあたる70%の労働能力喪失率が認められました。この労働能力喪失率を獲得するため、当事務所では書面以外にも多くの適切な証拠を作成し提出したことで、裁判所を説得することに成功しました。

解決のポイント法廷での尋問により、相手方過失割合は70%に

本件では、自転車側に一時停止規制があったため、裁判上で認定される自転車側の過失割合は40%、相手方自動車の過失割合が60%というのが一般的な基準といわれていますが、本件では相手方の過失割合が70%と認定されました。法廷での尋問が効を奏した結果でした。

※当事例は判例時報2118号60頁、自動車保険ジャーナル1851号75ページに掲載されました。

担当弁護士の
まとめ

被害者は診療を続けられなくなるほどの後遺障害を負ったこともあり、当初の後遺障害等級12級6号より、さらに高い等級認定を得ることに努めました。当事務所では再検査によるデータ収集、医師との面談を重ね、資料を周到に準備し、異議申立を行いました。その結果、併合9級の認定を得ることができました。
さらに、併合9級の労働能力喪失率は35%が基準とされますが、基準の倍にあたる70%の労働能力喪失率が認められました。過失割合については法廷での尋問が奏功し、相手方の過失割合は70%(通常60%)となりました。「適切な後遺障害の等級認定の獲得」「労働能力喪失率が基準値の倍」「類似裁判例を上回る過失割合」という、当事務所の交通事故の解決力が実を結んだ事例です。
また、このケースにおいては、裁判例の専門誌、交通事故の裁判例の専門誌にも掲載されるなど、当事務所の交通事故問題への「強さ」を客観的に評価する、一資料となると思います。

同じ分類の事例を探す

  • 取得金額2,199万円
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級8級

解決方法の選択として裁判を選んだことで有利に解決した事例。

自賠責で認定された等級以上の後遺障害等級を前提に「裁判」を解決方法として選択することで、示談交渉時よりも有利な内容で加害者と和解することができました。解決方法の選択の見極めが、“よりよい解決”のために重要なポイントであることを知っていただける解決事例です。

  • 取得金額1,154万円【2.07倍】
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級12級

労働能力喪失期間と過失割合を争点に、2倍以上の額で示談に。

交通事故により、手首の可動域制限の後遺障害が残り、当事務所にご依頼いただきました。当事務所では、ご相談の際に症状固定後・等級認定手続き前であるような場合には「後遺障害の等級認定」についての見立てを行うことがあります。本事例については等級認定手続きから示談交渉までサポートさせていただき、提示額の2倍以上の賠償額で示談することができました。

  • 取得金額293万円
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級14級

被害者側に不利な過失認定をくつがえし、逆転した内容で和解。

自賠責保険では被害者側に有利な内容で認定されることの多い「過失割合」。しかし、被害者に重度の過失(落ち度)があった場合には「重過失減額(保険金の減額)」がおこなわれることがあります。この場合、裁判でもこの認定内容をくつがえすのは困難ですが、当事例において、弁護士の検証により「くつがえる可能性が高い」と判断し訴訟提起をおこない、逆転した内容で和解できた珍しい解決事例です。

  • 取得金額3,117万円
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級9級

相手側が不誠実で、本人の人身傷害保険との交渉が有利と判断。

加害者側との示談交渉を行いましたが、長期にわたり対案が示されない等不誠実な対応が続きました。そのため被害者が加入する人身傷害保険からの補償と加害者側から受けられるであろう賠償額との比較検討を行いました。結果、人身傷害保険からの補償が有利と判断し、弁護士が交渉をおこない適切な補償を得られた解決事例です。

  • 取得金額175万円【4.01倍】
  • 受傷部位
  • 後遺障害等級非該当

自転車で走行中の事故。後遺障害非該当とされたが示談解決。

自転車で横断歩道を走行中に、自動車に衝突される。顔面皮膚欠損創・網膜出血・左前腕、左手、右膝打撲等の怪我を負ったものの、後遺障害の等級認定に至る程度の障害は残らず「非該当」。最終、紛争処理センターでは、提示賠償額から4倍増額する内容で和解し解決。

  • 取得金額3,140万円【1.88倍】
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級11級

改正された後遺障害の認定基準によって賠償額を2倍へ。

相手方保険会社と交渉中に、後遺障害等級認定の基準が改正されることになりました。そこで、旧基準よりも高い賠償額を得られる新基準で賠償額の算出を主張しました。最終的に、当事務所の主張が裁判所の和解案に反映され、賠償額は2倍近く増額されました。

  • 取得金額8,335万円
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級9級
  • 専門誌に掲載

稼働できなくなった歯科医師の労働能力喪失率を基準値の倍に・

被害者の歯科医師は、事故による後遺障害により稼働できなくなりましたが、思いのほか低い等級認定(12級6号)を受けました。異議申立を行い、併合9級の認定を得ました。また基準値の倍となる労働能力喪失率が認められるなど、当事務所の解決力が実を結んだ事例です。

  • 取得金額3,036万円【4.89倍】
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級10級

「被害者の過失0」、「減収でなくても逸失利益」が認められた事例。

後遺障害等級については、異議申し立てにより14級から10級に。裁判において保険会社側からの反論があるものの、労働能力喪失や過失割合などについて、結果として裁判所は当方の主張の大部分を認める和解提案を提示し、その内容にて解決に至りました。

  • 取得金額6,651万円
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級7級

経営する会社が廃業。賃金センサスから増額、適正な賠償額に。

裁判所は、当方が立証した内容から「役員である被害者の欠勤により、業績が悪化し役員報酬は未払い」であることや、「業績悪化による廃業」であることを踏まえ、「休業損害を少なく見ることはできない」「基礎収入として賃金センサスから一定額を増額した年額を相当」と判断。適正な賠償額を獲得しました。

  • 取得金額1,651万円【4.74倍】
  • 受傷部位上肢
  • 後遺障害等級12級

被害者が若いため、平均賃金を基礎収入として約5倍の賠償金額に。

被害者は20代で、労働能力喪失期間が制限されると、低い基礎収入で逸失利益を算定される恐れがあったことから、怪我が軽快する医学的根拠がないことを主張。紛争処理センターの裁定により、当初提示額より5倍の賠償金額で和解することができました。

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約