これまでの交通事故ご相談取り扱い実績5,000件以上(~2019年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

更新日:2013年7月23日

稼働できなくなった歯科医師の労働能力喪失率を基準値の倍に・

みおでご相談後の取得金額

相談後 8,335

事例の概要

被害者様:Aさん(30代)歯科医師

被害者の歯科医師は、事故による後遺障害により稼働できなくなりましたが、思いのほか低い等級認定(12級6号)を受けました。異議申立を行い、併合9級の認定を得ました。また基準値の倍となる労働能力喪失率が認められるなど、当事務所の解決力が実を結んだ事例です。

事故はこうして起こった

平成17年の某月、歯科医師であったAさん(30代・男性)は、信号機のない交差点に自転車で進入したところ、交差点に進入してきた自動車と衝突してしましました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故によってAさんには、左肩の可動域制限と脊柱の変形障害及びこれらによる頑固な疼痛等(後遺障害等級併合9級)が残り、歯科医師として稼働することが全くできなくなってしまいました。当事務所が受任し、裁判を提起した結果、最終的に判決により85,354,538円(自賠責保険含む)の損害賠償金を取得することができました(1審で裁判確定)。なお、この事件が解決したのは、平成23年です。

当事務所が関わった結果

自賠責の被害者請求を行った時点では、左肩の関節可動域制限につき後遺障害等級12級6号、脊柱の変形障害については後遺障害に該当しないとの認定を受けました。当事務所では、これを不服として異議申立を行い、その結果、左肩関節可動域制限につき後遺障害等級10級10号と脊柱の変形障害につき11級7号を併合した後遺障害9級の認定を受けることができました(後遺障害NAVIケース12)。
また、裁判では、後遺障害逸失利益における労働能力喪失率や過失割合が争点となりましたが、当事務所の主張がほぼ受け入れられ、他の裁判例に比べてかなり上回る基準が採用された判決となりました。

 解決のポイント

再検査でデータを収集し、後遺障害等級併合9級を取得

本件では、当初の後遺障害等級12級6号からさらに高い等級の認定を得るため、異議申し立ての際、様々な視点から病院で再検査を行ってデータを収集し、医師との面談を重ねて資料を準備しました。その結果、異議申し立てがそのまま認められ併合9級の結果を得ることができました。

証拠の作成・提出で、基準の倍の労働能力喪失率を認定

後遺障害等級9級の場合、裁判上で認定される労働能力喪失率は35%というのが一般的な基準といわれていますが、本件では基準の倍にあたる70%の労働能力喪失率が認められました。この労働能力喪失率を獲得するため、当事務所では書面以外にも多くの適切な証拠を作成し提出したことで、裁判所を説得することに成功しました。

法廷での尋問により、相手方過失割合は70%に

本件では、自転車側に一時停止規制があったため、裁判上で認定される自転車側の過失割合は40%、相手方自動車の過失割合が60%というのが一般的な基準といわれていますが、本件では相手方の過失割合が70%と認定されました。法廷での尋問が効を奏した結果でした。

※当事例は判例時報2118号60頁、自動車保険ジャーナル1851号75ページに掲載されました。

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:小川 弘恵 担当弁護士:小川 弘恵

被害者は診療を続けられなくなるほどの後遺障害を負ったこともあり、当初の後遺障害等級12級6号より、さらに高い等級認定を得ることに努めました。当事務所では再検査によるデータ収集、医師との面談を重ね、資料を周到に準備し、異議申立を行いました。その結果、併合9級の認定を得ることができました。
さらに、併合9級の労働能力喪失率は35%が基準とされますが、基準の倍にあたる70%の労働能力喪失率が認められました。過失割合については法廷での尋問が奏功し、相手方の過失割合は70%(通常60%)となりました。「適切な後遺障害の等級認定の獲得」「労働能力喪失率が基準値の倍」「類似裁判例を上回る過失割合」という、当事務所の交通事故の解決力が実を結んだ事例です。
また、このケースにおいては、裁判例の専門誌、交通事故の裁判例の専門誌にも掲載されるなど、当事務所の交通事故問題への「強さ」を客観的に評価する、一資料となると思います。

弁護士による慰謝料・賠償金診断サービス

 この記事を見た後にみている記事は?

無保険車傷害保険を利用して示談解決した事例詳しく見る

14級9号認定後の示談交渉で、賠償金が1.93倍に増額。詳しく見る

後遺障害等級非該当ながら当初の提案から2倍以上の賠償額を示談交渉で…詳しく見る

自転車側の賠償責任保険を利用し、90万円で示談解決詳しく見る

解決実績検索

「受傷部位」から探す
「後遺障害等級」から探す
「症状・障害」から探す
「保険会社」から探す
「解決方法別」から探す
「担当弁護士」から探す
「加害者の事故車両」から探す

増額しなければ
弁護士費用はいただきません!

  • 初回相談無料
  • 着手金無料
  • 弁護士費用後払い
  • 弁護士費用特約利用可能

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30
タップして電話をかける

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 
※ケータイ電話からも通話無料!

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041