これまでの交通事故ご相談取り扱い実績3,300件以上(~2017年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

交通事故による治療中に、再度交通事故に遭遇して悪化した事案。

みおでご相談後の取得金額

相談後 64.5万

事例の概要

被害者様:Oさん / 50歳 自営業

当初の交通事故による頸椎捻挫の治療中、再度交通事故に遭遇。同症状が悪化しました。当事案は、第1事故の示談交渉による解決事例です。

事故はこうして起こった

Oさんは、四輪車を運転して赤信号で止まっていたところ、

後方から追突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

Oさんは、本件追突事故に遭って頚椎捻挫の怪我をされ、

2か月程治療を続けていました。

 

しかし、事故から2カ月程経過したところで

再度交通事故に遭遇し、

頚椎捻挫が悪化してしまいました。

 

そして、最初の事故の保険会社から、

今後の治療費は第2事故の保険会社が負担するので、

示談交渉に入ると言われたため、

当事務所に相談に来られました。

 

当事務所では、最初の事故の示談交渉を受任し、

保険会社と交渉した結果、通院についての慰謝料、

第2事故に遭うまでの休業損害が認められたため、

示談に至りました。

当事務所が関わった結果

本件では、最初の事故から第2事故発生までの慰謝料と休業損害を
どのように算定するかが問題となりました。

当事務所では、事故発生から2か月程しか経過しておらず、
事故の影響は大きかったと主張したところ、
概ね当方の請求を認める形で示談が成立しました。

 解決のポイント

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

本件は、最初の事故に関する怪我の治療中に

再度事故に遭ったという特徴がありました。

 

この様な場合、第2事故に遭って以降の治療費は

第2事故の保険会社が負担する場合と、

最初の事故の保険会社と第2事故の保険会社が

それぞれ負担する場合がありますが、

今回は、第2事故の保険会社が負担する形になりました。

 

そして、第2事故に遭って以降の治療費を

第2事故の保険会社が負担する場合、

最初の事故は示談交渉に入ります。

 

交通事故での怪我の治療中に

再度交通事故に遭うことはあまりないかもしれませんが、

当事務所ではこのような事案も多く取り扱っています。

 

治療中に第2事故に遭って

どのように対応すればいいか迷われた方は、

当事務所までご相談下さい。

 この記事を見た後にみている記事は?

醜状障害に神経症状を併合することで逸失利益を獲得詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約