これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

更新日:2019年10月3日

高次脳機能障害7級の示談交渉事例。

みおでご相談後の取得金額

相談後 3562万円

事例の概要

被害者様:Nさん / 50代 会社員

交通事故で大怪我をしたとして、被害者の方のご家族から事故直後にご相談いただきました。

幸い事故直後の状況からは大幅に回復されましたが、後遺障害が残り、3562万円で示談に至りました。

事故はこうして起こった

Nさんは、

バイクを運転して路外の駐車場に入ろうとして

対向車が通り過ぎるのを止まって待っていました。

そうすると突然後方から四輪車に追突されてしまいました。

 

 

後遺障害と解決までの道のり

この事故でNさんはバイクから飛ばされ、頭部を激しく地面に打ち付け、

外傷性くも膜下出血・脳挫傷と診断されました。

事故直後は意識が無いような状態でしたが、

一命を取り留め、1年にわたる治療の結果、大幅に回復されました。

ただ、大幅に回復したとはいえ、感情コントロールが難しい、

下半身が動かしづらいといった症状は残ってしまいました。

そこで、後遺障害の申請をして、7級が認定

その後の示談交渉では3562万円で解決に至りました。

なお、相談については、事故直後にご家族にお越しいただき、

その後Nさんからご依頼いただきました。

 

 

当事務所が関わった結果

事故直後の治療から、後遺障害申請、

示談交渉と手続き全般について弁護士が代理で行いました。

また、後遺障害は症状から見て妥当な7級が認定、

示談交渉も大きな争点がありましたが3562万円が認められました。

Nさんは保険会社とのやり取りから解放されるとともに、

妥当な後遺障害等級・示談金額を得ることができました。


 解決のポイント

健康保険の利用

本件は、追突事故であり、Nさんに過失はありませんでした。

そのため、法的にみれば自由診療でも保険診療でも最終示談額に影響しないことになります。

しかし、現実問題として、自由診療にして治療費が大きくなると、

示談交渉の際に保険会社が示談金を低くしようとする傾向が強くなることがあります。

そのため、Nさんに過失はありませんでしたが、治療について健康保険を使うことにしました

示談交渉では難しい争点がありましたが、治療費を抑えたこともあり、

保険会社からの譲歩を引き出すことができました。

 

 

後遺障害等級

Nさんは頭部に怪我をされ、高次脳機能障害が残存しました。

高次脳機能障害では、様々な書類を提出して後遺障害申請をする必要があります。

どのような書類が必要か、書類にどのような内容を記載すべきかをアドバイスし、

適切な後遺障害等級(7級)が認められました。

 

示談交渉

Nさんは、自営業をしつつ、パート社員としても勤務されていました。

パート社員の分は収入関係資料に問題はありませんでしたが、

自営業の分は確定申告等の書類がありませんでした

そのため、保険会社からはパート社員としての収入で逸失利益を算定すべきと主張されました。

これに対し、当方からは、Nさんが自営業をされていることが分かる客観的な資料を提出し交渉を行いました。

収入が明確には分からない状態でしたが、

保険会社が500万円程度と主張していた逸失利益を2000万円以上に引き上げることができ、示談に至りました。

 

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

事故直後から示談交渉までの手続きを弁護士が行った事案です。

Nさんは保険会社とのやり取りから解放されるとともに、妥当な賠償金を得ることができました。

示談交渉では、基礎収入の証明に困難がありましたが、

可能な限りの資料を出すことで、保険会社の譲歩が得られました。

事故で大怪我をされたという場合、

高次脳機能障害が残りそうだという場合は、後遺障害手続きが困難になったり、

賠償金が大きく保険会社との交渉が難しくなりがちです

弁護士に依頼すれば、

そのような困難が緩和され、妥当な賠償金を得られる可能性が高くなります。

一度ご相談いただければと思います。

 

弁護士による慰謝料・賠償金診断サービス

 この記事を見た後にみている記事は?

脊柱変形と脳出血痕が残った事案の示談交渉詳しく見る

むち打ち14級認定の示談交渉で、1.84倍に増額詳しく見る

視力障害8級1号の示談交渉事例詳しく見る

腰椎圧迫骨折後の脊柱変形が残った事案の示談交渉詳しく見る

解決実績検索

「受傷部位」から探す
「後遺障害等級」から探す
「症状・障害」から探す
「保険会社」から探す
「解決方法別」から探す
「担当弁護士」から探す
「加害者の事故車両」から探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30
タップして電話をかける

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 
※ケータイ電話からも通話無料!

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041