これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

顔の傷跡と骨折後の痛みが残存した事案の示談交渉

みおでご相談後の取得金額

相談前 269万円
相談後 530万円

事例の概要

被害者様:Mさん / 20代 アルバイト

保険会社から示談提示されたものの、

金額の妥当性が分からないとのことでご依頼いただきました。

弁護士による交渉の結果、

当初提示から260万円程度増額になり示談に至りました。

事故はこうして起こった

Mさんは、

自転車で横断歩道上を走行していたところ、

対向方向から右折してきた四輪車に衝突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故で、

Mさんは、自転車ごと飛ばされ、

顔面を地面に強打してしまいました。

顔面に傷ができ、頚椎も捻挫してしまいました。

半年ほど治療しましたが、顔の傷は完全には消えず、

首の痛み残ったため、後遺障害の申請をしたところ、

顔の傷で12級、首の痛みで14級が認定されました。

そして、

保険会社から示談金額として269万円を支払うとの提示があったものの、

妥当なものか分からないとして当事務所に相談に来られました。

Mさんが受け取った保険会社の示談案を見ると、

弁護士が交渉することで賠償金が増額になる可能性が高いと判断できました。

そこで、Mさんから示談交渉のご依頼をいただき、

保険会社と交渉しました。

最終的に、530万円まで増額となり無事示談が成立しました。

 

 

当事務所が関わった結果

示談交渉では、

傷害慰謝料・後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料が争点になりました。

弁護士の交渉で、

それぞれ大幅に増額になり、

合計で260万円増額になりました。

 解決のポイント

傷害慰謝料(入通院慰謝料)

Mさんは、

事故で7カ月弱通院していました。

保険会社からの

傷害慰謝料の提示額は50万円程度でしたが、

125万円まで増額となりました。

逸失利益の基礎収入

逸失利益を算定する際の基礎収入について、

保険会社からは、

Mさんの現在の収入を基に算定すべきとの主張がありました。

しかし、Mさんは20代と若く、

これから収入が増える可能性が高いことを指摘。

実際の収入の1.7倍程度の金額

基礎収入とすることで合意ができました。

 

後遺障害慰謝料

保険会社からは、

後遺障害慰謝料は130万円との提示がありました。

弁護士が交渉すると

弁護士基準通り280万円で示談に至りました。

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

示談交渉では、

傷害慰謝料(入通院慰謝料)・

後遺障害逸失利益・

後遺障害慰謝料

の3点が保険会社との間で争点になることが多いと言えます。

本件も、この3点が問題となりました。

保険会社からMさんに提示されていた金額は、

自賠責保険の基準を基にした最低限のものでしたが、

弁護士が交渉すると3点とも増額、

金額にして260万円増額、

比率では約2倍の賠償額となり示談が成立しました。

保険会社は、

多くの事例で示談金額を低くしようとしてきます。

弁護士が交渉することでそのような事態を避けることができます。

保険会社から示談金額が提示されたものの、

妥当性が分からないという方は、

一度弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

 

 

 この記事を見た後にみている記事は?

顔の傷跡と肩の可動域制限で併合8級。紛争処理センター申立による解決…詳しく見る

むち打ちによる痛みが完治した事案の示談交渉。詳しく見る

過失割合の大幅な修正が認められた事案詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約