これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

追突事故による違和感で2日通院。保険会社の提示に疑問を感じ交渉を依頼。

みおでご相談後の取得金額

相談前 3万円
相談後 12万円

事例の概要

被害者様:Hさん / 30代 パート

Hさんは、夫の運転する自動車の助手席に同乗中、

後方車に追突されむち打ちの怪我をしてしまいました。

幸い夫は怪我がなかったものの、Hさんは首に違和感があったため2日通院をしました。

弁護士による交渉で示談金は4倍以上になりました

事故はこうして起こった

Hさんは、

夫の運転する自動車の助手席に同乗中

追突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故で、

夫は特に怪我はなかったものの、

Hさんは首に違和感があるため通院しました。

医師からは日にち薬と言われ、違和感も収まってきたため、

通院は2日間で終了しました。

治療が終わったということで

保険会社から賠償金の提示を受けましたが、

そこにはおよそ3万円と書かれており、

2日の通院とはいえ少なすぎるのではないかと考えたHさんは、

弁護士特約を使えることを確認の上、

当事務所に示談交渉の依頼をしたいとして相談に来られました。

 

当事務所が関わった結果

ご相談時に確認した示談案では、

通院慰謝料が16,800円、休業損害が11,400円となっていました。

これは、自賠責基準を基にした最低限の金額であったため、

伸びる余地があると判断、示談交渉を受任しました。

保険会社との交渉では、慰謝料が約6万円、

休業損害も約6万円になり、

合計12万円の賠償額で示談がまとまりました。

 解決のポイント

自賠責保険基準と弁護士基準

交通事故の示談では、

自賠責保険基準を基にするか

弁護士基準を基にするかで大きく賠償額が異なってきます。

本件でも、

保険会社から

Hさんには自賠責保険基準を基に低い金額での提示がありました。

弁護士が受任することで

弁護士基準を基にした賠償額に算定し直され、

賠償金は4倍以上に増額になりました。

 

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

 

Hさんは幸い通院2日間で完治されました。

ただ、

保険会社からの提示額が低すぎるのではないかと疑問を持ち、

当事務所に相談に来られました。

Hさんのように短期間で完治された場合、

賠償額はどうしても少額になってしまいますが

それでも保険会社の提示してくる金額と、

弁護士の交渉で得られる金額には差額があります。

弁護士費用を考えると持ち出しになることも考えられますが、

本件のように弁護士費用特約をご利用いただくと

ほとんどの場合自己負担なくご依頼が可能です。

賠償額は少ないけれども弁護士に依頼したいという方は、

自動車保険等に

弁護士費用特約が付いていないかご確認いただければと思います。

 

弁護士費用特約を使用して、賠償金全額を取得

 

弁護士費用特約をご利用いただくことで12万円の賠償金はすべてHさんの手元に残り、

ご満足いただける結果となりました。

 

 この記事を見た後にみている記事は?

顔の傷跡と骨折後の痛みが残存した事案の示談交渉詳しく見る

相手方任意保険会社の提案から1.5倍以上の賠償額を示談交渉で獲得し…詳しく見る

腰椎捻挫で14級が認定された主婦の方の示談交渉事例詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約