これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

更新日:2018年1月9日

腓骨脛骨開放骨折に伴い足指の可動域制限が残存した事案

みおでご相談後の取得金額

相談後 1761万円

事例の概要

被害者様:Oさん / 22歳 アルバイト

事故直後にご家族から相談いただき

その後正式にご依頼いただきました。

治療中の手続き、後遺障害申請、示談交渉の各手続きを弁護士が行い、

最終的に1761万円の賠償金で示談が成立しました。

事故はこうして起こった

Oさんは、

バイクで走行していたところ、

路外の駐車場から出てきた自動車に衝突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

Oさんは、

自動車との衝突でバイクごと激しく飛ばされてしまい、

右足の脛骨腓骨の解放骨折の重傷を負ってしまいました。

Oさんの入院中に今後の手続きが心配になったご家族の方から相談いただき、

その後Oさんから正式にご依頼いただきました。

当事務所で治療中の休業損害等の手続きを行い、

1年程度で症状固定されました。

Oさんは20才代前半と若いこともあってか、

当初の傷病名から考えると相当程度回復されましたが、

完治するには至らず、

足指や足関節が動かしにくいという症状や、

痛み等の症状が残ってしまいました。

後遺障害を申請したところ、

足指の可動域制限について11級9号が認定されました。

そして、

認定された後遺障害等級をもとに

保険会社との示談交渉で1761万円の賠償金で示談が成立しました。

 

当事務所が関わった結果

治療中の手続き、

後遺障害申請、示談交渉の各場面で弁護士が手続きを進めました。


治療中は最終的な賠償交渉を見据え、

賠償額が少なくならないよう手続きを進めました。

後遺障害申請では、後遺障害診断書のチェックを行い、

修正を加えることで、適切な等級が認定されました。

示談交渉では、保険会社から30%という過失割合を主張されましたが、

最終的に20%まで過失割合を下げることができ、

賠償額も1761万円となり適切な解決に至りました。



 解決のポイント

治療中の手続き

治療中も、

最終的な賠償交渉を見据えて手続きを進める必要があります。

具体的には本件では、

Oさんに

一定の過失割合が生じるのは避けられない状況でしたので、

健康保険を使って治療費を抑えることにしました。

また、

休業損害はいつまでも支払われるものではありませんが、

保険会社との交渉で、

Oさんが事故により退職した後の期間も含めて、

可能な限りの期間について賠償してもらうことができました。

 

後遺障害申請

当初作成された後遺障害診断書は、

可動域の記載が不十分でした。

記載内容から、

足の親指の可動域制限12級12号の認定が予想されました。

しかし、

他の足指にも可動域制限があったため、

追加で記載をしてもらい

11級9号の認定を受けることができました

12級と11級では、

賠償額が1.5倍ほど変わることがありますので

記載の追加により結果に大きな差異をもたらしたと言えます。

 

示談交渉(逸失利益の基礎収入)

示談交渉では、

逸失利益の基礎収入が争いになりました

逸失利益の基礎収入について、

保険会社は当初20才~24才男性の平均賃金を

基礎に320万円程度と主張してきました。

Oさんは高校卒業後アルバイトをしていて

年収が180万円程度であったため、

単純計算では

保険会社の主張も不合理とは言えない可能性もありましたが、

将来的に伸びる可能性が十分にあることから、

増額すべきと主張しました。

その結果、

男性平均賃金の8割(440万円程度)を

基礎収入とすることで合意できました。

Oさんの収入が、

年齢別平均賃金の6割弱であったことからすれば、

一定の加算ができました。

 

示談交渉(過失割合)

示談交渉では、

過失割合についても争いになりました。

保険会社は刑事記録を基に3割の過失相殺を主張してきました。

これに対し、

当方でも刑事記録を精査し

20%の過失割合はやむを得ないとしても、

30%は過大であると主張。

最終的に20%で示談がまとまりました。

 

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

Oさんからは、

事故直後から手続きのご依頼をいただきました。

手続き全般について弁護士が手続きを進めることで、

Oさんは保険会社と直接のやり取りをする手間がなくなり、

賠償面でも十分なものを得ることができました。

本件では、

当初、Oさんのご家族からのご相談でしたが、

ご本人が入院中であるなどの事情があれば

ご家族からのご相談で問題ありません

当事務所では、

家族が交通事故に遭って

どうしたらいいか分からないという方からの

ご相談もお受けしています。

 

 

 この記事を見た後にみている記事は?

むち打ちが完治した事案の示談交渉事例詳しく見る

むち打ち非該当で80万円の賠償金を獲得。詳しく見る

脊柱変形11級が認定された事故の示談交渉事案詳しく見る

脊柱変形障害11級の示談交渉事案。争点あったものの当方に有利な部分…詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約

事務所案内

弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分
〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041