これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

肩甲骨骨折後の肩可動域制限で10級認定。1690万円の賠償金で示談。

みおでご相談後の取得金額

相談後 1690万円

事例の概要

被害者様:Tさん / 40代 会社員

Tさんは、

後部座席同乗中に事故に遭い、

肩甲骨等を骨折されました。

症状固定頃にご依頼いただき、

後遺障害等級申請・示談交渉の手続きを行いました。

順調に手続きは進み、1690万円で示談が成立しました。

事故はこうして起こった

Tさんは、

友人の運転する自動車の後部座席に同乗中、

交差点信号無視で突っ込んできた自動車に衝突され、

怪我をされました。

後遺障害と解決までの道のり

この事故で、

Tさんは、肩甲骨骨折等の怪我をされ、

入院2ヶ月を含めて、約1年の治療を余儀なくされました。

治療を続けても肩は十分に上がらないままであったため

今後のことが不安になったTさんは、

後遺障害のことや示談交渉を依頼したいとして相談に来られました。

Tさんの話をおうかがいすると、

肩の可動域制限で後遺障害認定が見込まれたことから、

手続きを受任しました。

後遺障害申請の結果、10級10号が認定されました。

その後の示談交渉では、

当方の主張の多くが受け入れられ示談に至りました。

 

当事務所が関わった結果

当初主治医の先生が

後遺障害診断書の作成に慎重な姿勢を取られていたことから、

後遺障害診断書を書いてもらうためのアドバイスを行いました。

主治医の先生には後遺障害診断書を記載いただけましたが、

骨折の程度が大きく、

後遺障害は比較的高位の等級が予想されたため、

後遺障害診断書にTさんの症状を反映しているかについて慎重に判断しました。

その結果、

特に後遺障害診断書には問題がなく、

10級認定が可能であると判断の上、手続きを進めました。

10級認定後は、保険会社との交渉を行いました。

最終的に、

当方の主張がおおむね認められる形で、示談が成立しました。

 解決のポイント

後遺障害の手続き

交通事故の賠償を考える上で

後遺障害診断書は重要な書類となります。

当事務所では、

後遺障害診断書作成前の方には、

どのような内容を記載するのが良いかのアドバイスや、

出来上がった後遺障害診断書のチェックを行っています。

本件でも、

そのような過程を経て後遺障害申請を行った結果、

実態を反映した10級10号の後遺障害が認定されました。

 

 

弁護士による交渉

保険会社との交渉では、

当方から約1790万円の請求を行いました。

事案によっては、保険会社との争いが大きく、

金額が大きく削られることがありますが、

本件では、

争点になる点はあまりなく、

弁護士が交渉した結果、当初請求額に近い1690万円で示談が成立しました。

 

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

交通事故で長期の治療を余儀なくされ、

肩の機能に大きな障害が残った方の事案です。

10級となると仕事や日常生活への影響が大きくなり

それだけに賠償額も大きなものとなります。

また、

ご自身で手続きをする場合の賠償額

弁護士が交渉する場合の賠償額に大きな差が出てくるところであり、

弁護士に依頼するメリットを感じやすいと思われます。

交通事故による後遺障害は今後も付き合っていかなくてはならず、

収入にも影響が出ることがあります。

それだけに、適切な賠償を得る必要は高いですので、

交通事故を多く取り扱っている弁護士に依頼されることをお勧めします。

 

 この記事を見た後にみている記事は?

過失割合の大幅な修正が認められた事案詳しく見る

足関節可動域制限10級、主婦の方の示談解決事例。詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約