これまでの交通事故ご相談取り扱い実績4,000件以上(~2018年)

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

むち打ちが完治した事案の示談交渉事例

みおでご相談後の取得金額

相談前 73万8000円
相談後 160万円

事例の概要

被害者様:Мさん / 30代 主婦

Mさんは、

追突事故でむち打ちになってしまいましたが、

7カ月程の治療で完治しました。

保険会社から73万円程度の示談提示があったものの、

妥当性が分からず当事務所にご相談いただき、

160万円で解決ができました。

事故はこうして起こった

Mさんは、四輪車を運転して赤信号待ちの際、

前方を見ずに走行してきた後方車に

ノーブレーキで追突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

Mさんは、

事故によりむち打ちになってしまいました

ただ、7カ月治療することで痛みはなくなり完治しました。

治療終了後、保険会社から73万円程度の示談提示を受けましたが、

妥当かどうかが分からなかったため、当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

主婦としての休業損害・傷害慰謝料について交渉し

当初の2倍以上160万円で示談がまとまりました。

 

当事務所が関わった結果

Mさんからのご依頼を受け、

当事務所で保険会社との賠償交渉を行いました。

Mさんは、少しでも示談金が増えればと考えられていましたが、

弁護士による交渉の結果、

160万円まで増額となり、満足いく示談となりました。


 解決のポイント

主婦の方の示談交渉

主婦の方で完治されたという場合、

休業損害と傷害慰謝料を

どのように算定すべきかが問題になることが多いと言えます。

保険会社が被害者の方本人に提示する金額は、

多くの場合、最低限の補償にしかならないことが多く、

低いと言わざるを得ません。

弁護士が交渉すると

弁護士基準というより高い金額の基準で交渉できますので、

賠償額が増額になることがほとんどです。

本件でも、当初Mさんに提示された金額から

2倍以上となり示談が成立しました。

 

担当弁護士のまとめ

担当弁護士:羽賀 倫樹 担当弁護士:羽賀 倫樹

Mさんは、当初保険会社からの提示を受け、

こんなものかと思って示談を進めようと考えていました。

しかし、

一生に一度遭うかどうかの交通事故で、

誰にも聞かずに示談をすることに不安を感じ、

弁護士なら安心して任せられると思い、事務所に相談に来られました。

最終的に、

当初提示から2倍以上となる慰謝料支払いを受けることができました。

弁護士に手続きを任せることで良い結果が得られた事案と言えます。

 

 この記事を見た後にみている記事は?

腰椎捻挫14級。121万円提示が253万円に増額。詳しく見る

醜状障害に神経症状を併合することで逸失利益を獲得詳しく見る

解決実績検索

▼キーワードから探す

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

※弁護士特約の利用がない場合

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!

Webからのお問い合わせ・ご相談はこちら

初回相談無料! ご相談ご予約はこちら

0120-7867-30 WEBからご予約