「交通事故解決.com」は交通事故解決に関する様々な情報をご紹介しています

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

刑事手続きにおける被害者の関わり方

加害者の刑事手続きにおける、被害者の関与としては下記の通りとなります。

実況見分とは?

分かりやすく言うと、警察官が被害者や加害者からの指示説明を受けて、事故状況を図面化・記録化する作業です。

警察官から聞かれる内容としては、どの地点で加害者(被害者)の存在を認識したか、どの地点でブレーキをかけたか、どの地点でハンドルを切ったか、どの地点で衝突したか、どの地点で倒れたか(停止した)といったことになります。

実況見分のポイントは、「嘘を言わず、記憶通り話すこと」「自分の認識や記憶を強く主張すること」となります。被害者立会いの実況見分調書を作成することは、残念ながら多くありませんので、被害者側から、被害者立会いのもとで実況見分調書を作成するように働きかける必要があります。

供述調書とは?

参照①

供述調書とは、警察署や検察所で、事故状況を文書化したものです。供述調書作成の流れとしては、 (※参照①)となります。

ここでも、実況見分と同じように、「嘘を言わず、記憶通り話すこと」「自分の認識や記憶を強く主張すること」がポイントとなります。

警察官は、よく「供述調書に書いたことと、あなたの訂正して欲しいと言っていることは同じ意味だから」と言いますが、多くの場合、同じ意味ではありません。そのように言われた場合は、「被害者の言う通りに書いて欲しい」と伝えてください。それでも聞き入れてくれない場合には、署名押印を留保して、弁護士と相談してください。もっとも、被害者からの事情を聞かない場合もありますので、被害者側から、いつ供述調書を作成するのかを働きかける必要がある場合もあります。

参照②

また、最後に処罰意見を聞かれることがあります。その場合の順番としては、 (※参照②)の順番で被害感情が激しくなります。ここでは、必ず最後に意見を書くように押し通してください。

他のところでも書きましたが、加害者が起訴されるのとされないのとでは、刑事記録を入手できる範囲に大きな違いがあります。加害者が起訴されないと、実況見分調書のみしか入手できませんが、起訴されると加害者の供述調書も入手できますので、今後の展開に大きく差が出ることも考えられます。被害者の感情は、加害者を起訴するか否かの判断要素の一つとなっていることを覚えておいてください。

検察官に対して手紙を書く

参照③

供述調書では、被害者の細かな実情や被害感情を盛り込むのは無理なため、検察官に対して手紙を書いたほうが良いでしょう。

検察官への手紙に、被害の実情を書いて、厳しい被害感情を主張して、加害者を起訴してもらうように頑張りましょう。

そこで重要なのは、「検察への手紙に何を書くべきか?」ということですが、時系列に沿って書いていくのが分かりやすいでしょう。

なお、特に決まった書式等はありません。手紙の内容としては、 (※参照③)といったところでしょう。なるべく、具体的に、かつ、詳細に書くと説得的で良いでしょう。検察官に送る前に、弁護士に見せて、問題点がないかを確認してもらうのが無難です。

被害者参加手続きとは?

参照④

被害者参加手続きとは、刑事事件に被害者が参加して、以下のことを行う手続です。被害者参加手続きは、参加を希望しなければ省略されます。

・公判期日への出席
 (刑事訴訟法第316号の34)
・加害者(被告人)への質問
 (刑事訴訟法第316号の37)
・事実又は法律の適用についての意見陳述

刑事法廷で加害者に対峙できるメリットがありますが、情状に関する質問が主である点に注意が必要であり、検察官との連絡を密にする必要があります。

当事務所で関わった被害者参加手続きの例として、右の手続きの流れ(※参照④)をご参照ください。

ご質問カテゴリー

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!