「交通事故解決.com」は交通事故解決に関する様々な情報をご紹介しています

運営:弁護士法人 みお綜合法律事務所

0120-7867-30

MENU

解決実績

  1. 保険会社別解決実績一覧
  2. 受傷部位別解決実績一覧
  3. 弁護士別解決実績一覧
  4. 後遺障害等級別解決実績一覧

CASE140

受傷部位 むちうち(頸椎・腰椎) 後遺障害等級 14級
後遺障害内容 頚椎捻挫 担当弁護士 山本直樹

担当弁護士:山本 直樹

担当事例

解決方法 示談交渉
ご相談後の
提示額
357円に増額
事故年: 平成26年 解決年: 平成28年
保険会社: 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
追突されて頚椎捻挫等を受傷し、治療後も疼痛等の神経症状が残られた交通事故被害者の方の、示談交渉により解決した事例。

Aさん / 38歳 運送会社勤務

事故はこうして起こった

被害者が普通乗用自動車を運転して工事現場にさしかかったところ、

前方の車両がガードマンの指示に従って停車したため、

被害者もその後方に自車を停止させましたが、

後方から大型貨物自動車に衝突されてしまいました。

後遺障害と解決までの道のり

被害者は、本件交通事故により、

頸椎捻挫腰椎捻挫を受傷し(いわゆる「むち打ち」)

治療を行っていましたが、

今後も保険会社が損害をきちんと補償してくれるかどうか不安になり、

当事務所に相談に来られました。

 

治療期間は1年間に及びましたが、

症状が残存したため、

自賠責において後遺障害等級の認定を受けることになりました。

 

それまでの打合せにおいて、

医師が外傷性椎間板損傷を原因と考えていることが

資料から分かりましたので、

主治医には後遺障害診断書にその旨を記載していただけるよう、

被害者と打合せを行い準備しました。

 

その結果、頚椎由来の症状腰椎由来の症状のそれぞれについて

後遺障害等級14級が認定され、

示談交渉により、正当な金額で和解することができました。

当事務所が関わった結果

本件では、被害者から早い段階でご相談を頂いていましたので、
後遺障害等級の申請や示談交渉、
場合によっては裁判になるという見通しを前提として、
方針を決めることができました。

そのため、
治療にあたって被害者の方が感じておられた不安を
早い段階から取り除くことができたのではないかと思います。

また、途中の打ち合わせや症状の経過の確認を通じて、
後遺障害等級を申請する時点で、
後遺障害診断書の記載漏れの有無や、
記載されるべき内容をあらかじめ判断することができ、
指導助言をさせていただくことで、
スムーズな後遺障害等級認定を受けていただくことができました。

解決のポイント後遺障害等級

本件では、早い段階からご相談を頂き、

治療における経過や、

医師の判断及び医師による治療の見通しを確認することができました。

 

その結果、MRI検査において、

外傷性椎間板損傷との判断がなされており、

医師もそれが症状の原因であると考えて治療に当たっていることが分かりました。

 

頚椎捻挫や腰椎捻挫では、

MRI検査によって椎間板変性が見られたとしても、

経年性変化と区別されないケースが多く、

それが原因で後遺障害等級が認定されないケースも見られるのですが、

本件では外傷性、

つまり外傷が原因で発生しているとの所見があったことになります。

 

そこで、後遺障害等級の申請においても、

その点を明確にした後遺障害診断書等の資料を収集して提出することによって、

後遺障害等級の認定を受けることができました。

解決のポイント治療期間

むち打ち症の場合、

保険会社は、3か月や6か月といった比較的短い期間で治療の打ち切りを打診してくることがよくあります。

 

本件における被害者の通院期間は

この期間を超過していましたので、

保険会社からは打ち切りの打診をたびたび受けることになりました。

 

しかし、早期にご依頼いただいていたため、

当事務所の弁護士も、医師の治療の方針や見通し、

医師から被害者が受けている説明の内容や検査結果などを

詳しく把握することができました。

 

そのため、継続治療の必要性について保険会社に説明し、

また主治医からも保険会社に説明して頂き、

被害者の方には十分な治療を受けることができました。

 

交通事故の被害にあったとき、

どのような方針で治療を進めていくかを

主治医と相談しなければならないことがあります。

 

しかし、交通事故の後の手続きがどのような流れになるか、

損害賠償の範囲に含まれるのはどのような損害か、

どのような方法で立証するか、

本件で損害が立証できるかどうかなどの問題があり、

通常の被害者は悩まれるところだと思います。

 

しかし、本件では、早期にご相談・ご依頼を頂いたため、

当事務所の弁護士からこれらについて詳しく被害者にご説明し、

事件の解決までの見通しを被害者と弁護士とが共有しうえで、

どのような治療方針をとるかを、

主治医と相談して決めていただくことができました。

 

被害者には、最終的に、

症状固定の時点で後遺障害が残ってしまいましたが、

治療を継続することができたことによって、

疼痛などの症状はそれまでよりも緩解させることができました。

解決のポイント受領した保険金

本件では、被害者は、

契約していた保険会社から保険金を受領されていたため、

その事実が示談交渉や裁判で不利に扱われるのではないかと心配されていましたが、

当事務所の弁護士が保険契約の書類を確認したところ、

損害額から損益相殺する必要のない種類の保険であったため、

被害者に安心して頂いた上で、示談交渉を行うことができました。

担当弁護士の
まとめ

本件は、交通事故によるむち打ち症の事案としては

典型的な事件であり、当事務所には多数の解決事例があります。

 

しかし、被害者の方にとっては初めての交通事故ですから、

不安に思われたのは当然のことと思います。

 

本件では、弁護士特約があったこともあり、

早期の段階からご依頼を頂くことができました。

 

そのため、上記のほかにも、

示談や裁判で必要となる資料(休業損害証明書など)を治療と並行して取得することができ、

またその内容について弁護士も確認することができていましたので、

示談交渉のみで裁判基準による解決を行うことができました。

 

骨折がないむち打ちの場合、治療途中の段階では、

後遺障害が残存するかどうか、

等級の認定を得られるかどうか分からないことも多くあると思います。

 

ただ、弁護士特約が付帯されていれば、

ほとんどのケースでその上限額内に弁護士費用が収まりますので、

費用の心配なくご依頼いただくことができます。

 

あらかじめ準備しておくことができれば、

後の示談交渉などの手続きもスムーズに進めることができますので、

是非とも早めにご相談ください。

同じ分類の事例を探す

  • 取得金額768万円【2.09倍】
  • 受傷部位背骨
  • 後遺障害等級10級

頸椎圧迫骨折を保険会社が否認。弁護士が反論して増額へ。

「脊柱変形」の後遺障害が残られたケースです。脊柱変形は、裁判において「労働能力喪失率・喪失期間」が低く認定される傾向があります。当事例では、当初提示の賠償額より2.1倍に増額できた、当事務所に依頼いただくことのメリットを感じていただける解決事例になります。

  • 取得金額250万円【2.06倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

弁護士が代理人となることで保険会社の提示額から約2倍に。

保険会社からの提示額が、弁護士が交渉時に基準とする金額よりも低い場合があります。本事例もこうしたケースに該当し、被害者不利の提案がなされていました。弁護士が交渉を依頼することでのメリットを感じていただける解決事例です。

  • 取得金額535万円
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

飲食店を開業した直後のため、逸失利益が争点に。

交通事故では、被害者において「損害」を立証し賠償を受けることになります。通常、事故に遭う前の収入をもとに基礎収入を計算します。しかし、本ケースでは事故直前に開業したため事故直前の収入を証明する資料に乏しいにも関わらず、被害者に有利な内容で示談が成立した珍しい解決事例です。

  • 取得金額360万円
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級14級

弁護士介入で後遺障害の等級を見直し。示談交渉で解決へ。

交通事故により腰椎捻挫による、腰痛・足のしびれが残りました。 後遺障害として認められることが少ない当症状の事例も、適切な資料を用意することで後遺障害の等級認定され、賠償額が増えることがあります。まさに当解決事例は弁護士の見立てにより、賠償額増額の可能性があったため異議申し立てを行い、最終的に後遺障害として認定、賠償額増額につながった解決事例になります。

  • 取得金額148万円【2.39倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級非該当

家事従事者(主婦)のむちうち(頸椎捻挫)の示談解決事例。

同乗者として同席していた被害者が、赤信号停車中に後部から追突され「むちうち」に。完治したものの、弁護士費用特約の利用により、実質0円で弁護士に示談交渉を依頼、2倍以上に増えた賠償額が手元に入った示談解決の事例。

  • 取得金額85万円【1.3倍】
  • 受傷部位むちうち(頸椎・腰椎)
  • 後遺障害等級非該当

ケガが完治した案件に対して、弁護士費用特約を利用した事例。

けがが完治した案件について、慰謝料と休業損害を増額。頸椎捻挫(むちうち)に対する保険会社からの提示額が十分でなかったため、自動車保険に付帯の弁護士費用特約を利用して弁護士に依頼。増額(上昇率1.3倍)が認められました。

交通事故にあわれたら弁護士にご相談を。

特に、死亡、遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊髄損傷などの
重度後遺障害の場合は弁護士による手続きが必須です

  • 初回相談無料
  • 着手金0円

tel 0120-7867-30

受付時間月曜〜土曜/9:00~17:30 ※ケータイ電話からも通話無料!